C型慢性肝炎

 C型肝炎ウイルスHCVは、1989 年に発見され、従来非A 非B型肝炎と診断されていた患者さんの9 割以上、アルコール性肝障害と診断されていた患者さんの半数以上がHCV による肝障害であることがわかりました。現在、HCV 感染者は日本で150 万~200 万人と推定されています。HCV 感染が一旦成立すると、健康成人への感染であっても、急性の経過で治癒するものは約30%であり、感染例の約70%でHCV 感染が持続し、慢性肝炎へと移行します。慢性化した場合、ウイルスの自然排除は稀であり(年率0.2%)、HCV 感染による肝臓の炎症の持続により肝線維化が引き起こされ、肝硬変や肝細胞癌へと進展することがあります。日本では1992 年からC 型肝炎に対するインターフェロンIFN 治療の一般臨床での使用が開始されました。その後、PCR 法という画期的なウイルス検出法の開発により、IFN 治療によってHCV RNA の排除に成功した症例では、肝炎が鎮静化することが示され、さらにこうした症例では、肝病変進展や肝発癌が抑制されることも明らかになりました。肝病変が進行しないうちは自覚症状はほとんどなく、血液検査でウイルスの有無を調べる以外に感染しているかどうかを判断する方法はありません。C型肝炎に対しては、年齢、ウイルスの遺伝子型やウイルス量に応じて最新の治療を行います。
現在では難治性のserotype 1型・高ウイルス量の患者さんに対しては新規プロテアーゼ阻害薬のテラプレビルを用いた24週間の3剤併用療法(ペグイントロン+レベトール+テラプレビル)が第一選択ですが、皮疹・貧血・腎障害などのテラプレビルの副作用を考慮し、インターフェロン+リバビリン2剤併用療法(48~72週間)も行っています。テラプレビルを用いた3剤併用療法は、初回治療の場合は75%の患者さんが治癒(ウイルスを排除できる)し、過去にインターフェロン治療を行いいったんウイルスが陰性化したものの治療を終了するとウイルスが再燃した患者さんの場合は約90%の患者さんが治癒するとされています。テラプレビルは副作用のコントロールが重要ですが、当院では副作用にも細心の注意を払い安全に治療を継続できるよう工夫しており、関西では比較的多くの患者さんの治療経験を有しています。
Serotype 2の患者さんはペグインターフェロン単独またはペグインターフェロン+レベトール併用療法で治療します。
うつ病の既往がある患者さんや高齢の患者さんの場合は、うつ病にも影響が少ないとされており、その他の副作用が少なく安全に使用可能と言われているインターフェロンβを用いて、インターフェロンβ単独療法またはインターフェロンβ+レベトール療法を行っています。また病状によってはインターフェロン自己注射(インスリンのように、自宅で自分でインターフェロンを定期的に注射する方法です)、インターフェロン少量長期投与も行っています。インターフェロン少量長期投与は、投与開始後にALTが正常化する患者さんでは発癌抑制効果があるとされています。
前述しましたように、C型肝炎は病状が進行するまでは自覚症状がないことが特徴です。過去に行われた輸血や、昔の医療行為が原因で感染してしまった患者さんが多いと言われています。ウイルスに感染すれば自然にウイルスが体内から消失することは少なく、ウイルスが体内にとどまり「慢性化」することが多いのですが、慢性化した患者さんでも血液検査ではASTやALTという肝酵素が正常の場合があります。病状が進行すると肝硬変になることがあり、肝臓癌ができてしまうこともあります。健診や人間ドックあるいは当院外来にて一度C型肝炎がないかどうかをチェックされることをお勧めします。

ページトップへ