肝細胞癌

 肝細胞癌はC型肝炎やB型肝炎が進行して肝硬変となった場合、あるいはアルコールの飲みすぎで肝硬変になった場合、さらには非アルコール性脂肪性肝炎が進行した場合などに発生しやすいという特徴があります。癌が小さい間は自覚症状はありませんが、このようにどんな患者さんに発生しやすいかが分かっていますので、通院される中で定期的に超音波やCT、MRIなどで肝臓のチェックを行えば早期発見が可能です。
具体的な治療方法は肝細胞癌治療ガイドラインに従って近年主流となっているラジオ波熱凝固療法RFAや肝動脈塞栓術TAE(TACE)を単独、あるいは組み合わせて行ったり、肝切除が望ましい場合は消化器外科にて手術を行います。実際には「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン」による以下のような治療アルゴリズムを原則とします。。
肝細胞癌
しかしすべての患者さんをこのアルゴリズムに当てはめなければならないというわけではなく、個々の患者さんによって治療方針を微調整する必要があります。
・肝機能良好で単発の小肝細胞癌に対しては外科的切除が推奨されます。(術式は残肝機能を考慮した部分切除または系統的切除、単結節周囲増殖型の小肝細胞癌に関しては系統的肝切除術が望ましいです)。
・TACEはChild A、Bの手術不能で経皮的凝固療法の対象とならない進行肝細胞癌に対する治療として推奨されます。当院ではTACEに用いる薬剤はエピルビシン・マイトマイシンCを第一選択とし、無効の場合にはシスプラチン製剤を用いることを原則としています。これらの薬剤をリピオドールとともに用いることで生存率が向上することがわかっています。
・RFAを行う場合は、小さな癌の場合にはRFA単独で根治を得ることが可能ですが、大きさによってはTACEを併用してRFAを行うことで十分な熱凝固範囲を得ることができ、根治性を高めます。
・癌の状態(肝臓のどの場所に癌があるか、など)によっては、小開腹でRFAを行ったり、人工胸水注入下RFAや人工腹水注入下RFAも積極的に行っています。造影超音波を行い癌をよりはっきりと確認してRFAを行う造影超音波下RFAの施術も行っています。RFAは根治性も高く患者さんの体の負担も少ないと言われていますが、正確な技術をもってRFAを行わなければ根治を得るのが困難です。当院では多数のRFAをこれまでに経験しており、確実なRFAで患者さんの予後の改善に役立つことができると考えています。
癌を根治した後は再発抑制に重点を置いています。具体的にはインターフェロン治療や肝庇護療法を行うことで再発を抑えるように努めています。

ページトップへ