肝硬変

 肝硬変とは、肝臓に炎症が持続した結果肝細胞が破壊され線維化が進行し、肝臓が正常な機能を果たせなくなった状態のことをいいます。症状がなくほぼ通常の日常生活が可能な代償性肝硬変と、腹水や黄疸などが出現し日常生活に支障をきたす非代償性肝硬変に分けられます。肝硬変患者さんの多くはC型肝炎、B型肝炎、アルコール性肝障害が原因と考えられます。アルコール性の場合は断酒以外に有効な治療法がないのが現状です。以前、肝硬変になるともう肝臓は良くならないと言われていた時代もありましたが、現在ではC型肝炎が原因の場合には、肝予備能が良ければインターフェロン治療を行いウイルスを排除することで肝硬変が改善することもありますし、発癌を抑制することが可能です。B型肝炎が原因の場合にはウイルスの増殖を強力に抑制する核酸アナログ治療を行えば徐々に肝硬変が改善する場合が多くやはり発癌が抑制されることが分かっています。当院でもこれらの治療を積極的に行い、肝硬変患者さんの予後の改善に取り組んでいます。
また、分岐鎖アミノ酸製剤内服によって肝硬変患者さんの予後が改善することが数年前に明らかになりました。そのため血中アルブミン値が低下してきた肝硬変患者さんは分岐鎖アミノ酸製剤を内服していただくことを原則としています。肝硬変の合併症である腹水や静脈瘤に対する治療も積極的に行っています。

ページトップへ