裂肛

 裂肛(切れ痔)とは・・実は外からは見えない傷で肛門鏡を使って拡げないと観察できないものですが、肛門から少し入ったところにできます。胎生期に皮膚と腸がつながった部分を歯状線といい、これより下方(肛門側)の肛門上皮にできる傷をいいます。

◆症状◆

肛門上皮には知覚神経があるので裂肛は痛みを感じますが、歯状線上方の直腸粘膜にできる内痔核は痛みを感じません。「急性裂肛」では排便時と排便後にも続く肛門の痛みがあり、出血は真っ赤な鮮血で、紙に付く程度からポタポタ垂れるなどさまざまです。薬の治療で治りにくく潰瘍になったものを「慢性裂肛」といいますが、この場合は痛みが、排便後数時間も続いて肛門狭窄(肛門が狭くなる)になるなど手術が必要になるケースもあります。多くの患者さんは急性裂肛であり、症状は痛みだけで出血がない場合や痛みは全くないのに便器の水が真っ赤になる出血があるなど人それぞれです。繰り返し切れると、その外側の皮膚がふくらんで突起になったり(みはりいぼ)、内側には肛門ポリープができたりします。これらを痔核と間違える患者さんも多いようです。

◆原因◆

かたくて太い便を無理に出すことによる肛門への負担が最大の原因ですが、これは便秘や便意もないのにいきんでしまうなどの排便習慣によって引き起こされます。また下痢がひどいと、傷の治りを遅らせることになります。しかし、裂肛になるかならないか、慢性化するかどうかは、各人の肛門局所の生理的な違いが重要と考えられています。元々肛門管の静止圧が高く、血流が悪い患者さんでは裂肛になりやすいのです。ですから、排便コントロールがうまくできても裂肛が繰り返されることもあり、その点が裂肛治療の難しいところです。

◆治療◆

薬物治療と便通を正常にするための食生活や排便習慣などの改善による保存的治療法が基本ですが、肛門狭窄の場合は拡げるための処置や手術が必要になります。みはりいぼや肛門ポリープが気になる場合は切除することもできます。
薬物治療
外用薬は肛門内に挿入するタイプ(座薬や注入軟膏)が効果的です。局所麻酔の入ったもの、ステロイド含有のもの、循環を改善するトリベノシド含有など、医師は薬剤の成分を患者さんの症状に合わせて使い分けています。内服薬として便通を改善するための整腸剤や緩下剤、血流を良くするためのビタミンE含有のものや漢方薬などを処方します。
生活療法
水分は1日1.5Lを目安に飲むこと、食物繊維の豊富な日本食(発酵食品も含む)をよく噛んで(一口40回が理想)食べること、毎日続けられるような運動を1日15分は行うようにしましょう。便意を感じたら我慢しないでトイレに行き、長くとも3分以内に済ませましょう。排便後はシャワートイレを使って洗うなどして肛門衛生に心がけてください。おしりの血行が良くなるように入浴して、身体が冷えないようにすることも大切です。これらの事を患者さん自身が行うことによって肛門トラブルを予防できます。

ページトップへ