まず初めに大腸がんとは。。。

 大腸がんは結腸がんと直腸がんに分類されます。盲腸からS状結腸までにできるがんを結腸がんと呼び、直腸から肛門までにできるがんを直腸がんと呼びます。どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。以前は日本人の大腸がんは直腸がんが多かったのですが、近年は欧米人の様に結腸がんが多くなってきており、大腸がん患者は増加の一途をたどっており、日本のがん死亡第二位の胃がん死亡数を上回るのは時間の問題と思われます。大腸がんは隆起型と陥没型とがあり、前者はゆっくりと進行するが、後者は腸壁内層に食い込み進行が極めて早いタイプです。大腸がんリスクが高くなる年齢は、50歳代から始まり、60~70歳代でピークになります。しかし他のがんと同様に大腸がんも若年化がすすんでおり年齢に関係なく定期健診を受けることが大事です。
大腸がんは他の消化器がんに比べて根治率は高いがんです。早期発見すればほぼ治ると言っても良いほどです。しかしがん死亡数では常に上位です。治りやすいがんなのになぜ死亡者が多いのでしょうか?それは単純に発生率が高くなり、大腸がん患者は年々増えているからです。いくら治りやすいがんでもそれ以上に発症率が高ければ死亡者が増えるのは当然です。それだけ急激に増えているのが大腸がんなのです。

大腸がん

大腸がんの症状

大腸がんの症状というと、一般的に血便が出ると認識している人が多いですが大腸がんでも早期の場合ほとんど症状が無いことが一般的です。では早期がんの時期を過ぎた大腸がんの代表的な症状とはどんな物でしょうか。これはやはりみなさんご存知の通り血便、便秘、下痢、腹痛です。しかしより厳密に言えば、大腸のどこの部分にがんができるかによって症状が変わってきます。それは大きく分けて結腸がんと直腸がんとでは症状が変わってきます。

大腸がん

【結腸がんの症状】
結腸がんの症状としては、大腸の初めの部分でもあり奥深いところでもあるので比較的症状が便に出にくいです。また腸内径も広いので便通が悪くなるということもあまりおきません。水分もまだ十分に含んだ状態で通過するのでそういった症状が出にくいのも理由のひとつです。しかし、がんが進行してくると腫瘍が大きくなり腹部腫瘤と呼ばれる腹部のしこりができたり、腸内で出血が大量に起こり貧血状態になったりします。また倦怠感が強くなり「何かおかしい!」とかなり自覚症状が強く感じられてきます。いよいよ大腸がんが進行してくるとかなりの腹痛が起こります。その理由はがんの腫瘍が管内をふさいでしまい排泄物がうまく流れなくなり、力んだり無理に排泄しようとするからです。そのうち、お腹がはっきりと張った感じになり慢性の膨満感が感じられるようになります。結腸がんでも、S字結腸付近にがんができると内径が細いので便通に関する症状が現れやすいです。便秘になったり、下痢になったり、腸閉塞のような症状のこともあります。この付近での出血は便に現れやすいので発見されやすいでしょう。

【直腸がんの症状】
直腸がんの症状は、強い便意と下痢が特徴です。腫瘍が大きいと便が細くなったりもします。また、実際は大便が出尽くしているのにもかかわらず残便感が残ります。これは直腸付近に腫瘍があるとその腫瘍そのもを大便が残っているように感じるからです。そのほかにも肛門の奥の鈍痛や散痛、臀部にも痛みがはしることがあります。便につく血も鮮血に近く切れ痔に似た出血の仕方をします。そのため出血を確認しても痔持ちのひとはいつもの切れ痔と勘違いしてしまい、発見が遅れることがあるので注意が必要です。

ページトップへ