大腸がんの生存率

 大腸がんの生存率は5年生存率と8年生存率で議論されます。それは長い期間経過を観察しなければ完治したといえないからです。発見当時の大腸がんの進行度によって分類しますが、 大腸がんの生存率で顕著なのは他のガンにくらべて初期の場合(ステージ0、デュークスA)は100%に近い生存率であるということです。それくらい大腸がんは早期発見で完治しやすいガンといえるでしょう。 しかし大腸がんも進行するにしたがって生存率は下がります。デュークスDで5年生存率25%、ステージ4期では10%~16%です。

【デュークス分類による大腸がんの5年生存率】
デュークスA(がんが大腸壁内に留まるもの) 95%
デュークスB(がんが大腸壁を貫くが リンパ節転移のないもの) 80%
デュークスC(リンパ節転移のあるもの) 80%
デュークスD(腹膜、肝、肺などへの遠隔転移のあるもの) 25%
※デュークスAはステージ0期・1期に、デュークスBは2期に、デュークスCは3期に、デュークスDは4期に相当するものと考えます。


【結腸がんの生存率】
5年 8年
ステージ 0 がんが粘膜にとどまるもの(早期がん) 100% 100%
ステージ 1 がんが大腸壁にとどまるもの 100% 96.4%
ステージ 2 大腸壁を越えているもの 94.0% 87.0%
ステージ 3 リンパ節転移のあるもの 76.3% 61.4%
ステージ 4 肝、肺、腹膜など遠隔臓器に転移のあるもの 15.1% 15.1%


【直腸がんの生存率】
5年 8年
ステージ 0 100% 100%
ステージ 1 98.2% 95.2%
ステージ 2 83.8% 71.3%
ステージ 3 67.9% 59.4%
ステージ 4 16.2% 10.8%

ページトップへ