大腸がんの検査

 大腸がんは、早期に発見されればほぼ100%近く完治しますが、一般的には自覚症状がないため、無症状の時期に発見することが重要となります。大腸がんの検査の代表的なものは、便潜血反応検査で、食事制限なく簡単に受けられる検査です。この大腸がんの検査だけでは大腸がんを確定することはできませんが、大腸がんの精密検査が必要な人を拾いあげる最も有効な検査法です。

大腸がんの確定診断のためには、注腸X線と大腸内視鏡が必須です。どちらの検査も下剤で便を全部排出しないと精度の高い検査はできません。また、レントゲンや内視鏡ができる状態でない腸閉塞状態でも、CT(コンピューター断層撮影)検査で腫瘍の状態を把握することができます。

術前検査で大事なことは、がんがある周囲のリンパが腫れていないかを検査すること、また肝や肺に転移していないかを検査することです。これらはCT、MRI(磁気共鳴画像)、超音波などを用いて検査します。

ページトップへ