炎症性腸疾患について

 大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といい、長期に下痢、血便が続く原因不明の難病です。通常の食中毒などと異なり、数日でよくなりことはなく長期にわたり(多くは一生涯)、よくなったり悪くなったりしながら症状が続きます。具体的には「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」があり、いずれも国が指定した難病特定疾患です。適切な治療をおこなえば通常の生活が可能ですが、病気の状態によっては日常生活が大きく犠牲になるのがこの病気の特徴です。(特に若い患者さんで深刻です)専門家による適切な診断と治療が必要です。

【1.潰瘍性大腸炎】
潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる原因不明の大腸の炎症性疾患です。遺伝的要因と食生活などの環境要因などが複雑に絡み合って発病するものと考えられています。症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢と頻回な腹痛です。腸管以外の合併症として皮膚病変、眼病変や関節の痛みが挙げられます。病変は直腸から連続的に口側へ広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がります。この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類されます。
1)病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎
2)病期の分類:活動期、寛解期
3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症
4)臨床経過による分類:再燃寛解型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型
発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳ですが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1です。欧米では患者さんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されています。X線検査や内視鏡検査で診断を行います。治療は原則的には薬による内科的治療が行われます。しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。

内科的治療
1) 薬物治療;現在のところ、潰瘍性大腸炎を完治させる薬物治療はありませんが、腸の炎症を抑える有効な薬物は存在します。
・5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)
・副腎皮質ステロイド薬
・免疫調整剤
・抗TNFα受容体拮抗薬;インフリキシマブ(レミケード)(注射薬)
2)血球成分除去療法:
血液中から異常に活性化した白血球を取り除く治療法で、LCAP(白血球除去療法)、GCAP(顆粒球除去療法)があります。

外科的治療
下記のようなケースでは手術の対象となることがあります。
(1)大量出血がみられる場合
(2)中毒性巨大結腸症(大腸が腫れ上がり、毒素が全身に回る)
(3)穿孔(大腸が破れる)
(4)癌化またはその疑い
(5)内科的治療に反応しない重症例
(6)副作用のためステロイドなどの薬剤を使用できない場合


【2.クローン病】
クローン病とは小腸及び大腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍ができる原因不明の炎症性疾患です。なんらかの遺伝子の異常を背景にもち、免疫を担当する細胞の異常反応が明らかになってきており、食事成分、異物、病原体などの侵入とそれに対する免疫系の反応異常が寄与すると考えられています。症状としては腹痛や下痢、血便、体重減少、全身倦怠感です。口腔から肛門に至るまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍が起こりえますが、小腸の末端部が好発部位で、非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)が特徴です。 発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性で15~19歳です。男性と女性の比は、約2:1と男性に多くみられます。瘻孔、狭窄、膿瘍などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。X線検査、内視鏡検査で診断を行います。 治療は急性期や増悪期には栄養療法と薬物療法を組み合わせた内科的治療が主体となります。再燃・再発を繰り返し、慢性の経過をとります。完全な治癒は困難であり、症状が安定している時期(寛解)をいかに長く維持するかが重要となります。内科的には治療できない腸閉塞、穿孔、大量出血などが生じた場合は手術が必要となります

内科的治療
1) 栄養療法・食事療法:
腸管の安静と食事からの刺激を取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と 消化管病変の改善が認められます。
2) 薬物治療:
・5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)
・副腎皮質ステロイド薬
・免疫調整剤
・抗TNFα受容体拮抗薬: インフリキシマブ(レミケード) アダリムマブ(ヒュミラ)
3) 血球成分除去療法
炎症性腸疾患


外科的治療
著しい狭窄や穿孔、膿瘍などを経過中に生じ、内科的治療でコントロールできない場合には手術が必要となります。手術はできるだけ腸管を温存するために小範囲切除や狭窄形成術が行われます。当院では炎症性腸疾患(主にクローン病、潰瘍性大腸炎)の診断、治療を行っております。潰瘍性大腸炎では、薬物治療、血球成分除去療法、外科療法を行い、クローン病では薬物治療、栄養療法、外科治療を行っています。
手術については、潰瘍性大腸炎では腹腔鏡を用いた大腸全摘、回腸嚢-肛門管吻合術を主に行い、術後の創痛の軽減や術後の早期回復の問題に取り組んでいます。クローン病では、腸切除(通常の開腹術や腹腔鏡による手術)、腸を温存する狭窄形成術、肛門手術などを行っています。
内科的に新しい治療法が開発され効果を上げていますが、内科的治療だけでは病状が複雑化することがあり、治療にあたっては内科と外科の連携が大切です。当院では内科的治療を担う錦秀会インフュージョンクリニックと連携し、総合的な治療を提供できるよう努めています。

ページトップへ