大腸ポリープとは?

 胃や腸にできる「いぼ」のように粘膜面より隆起した病変を総称でポリープと言います。大腸ポリープのほとんどは腺腫(せんしゅ)と呼ばれる良性腫瘍です。この腺腫は自然に小さくなったリ消えることは少なく、変化しないか、次第に大きくなります。次第に大きくなる大腸腺腫の中には悪性化(癌化)するものがあることが知られています。腺腫以外には過形成ポリープ、炎症性ポリープなどがありますが、これらは悪性化することはほとんど無いと考えられます。実際にどれくらいの頻度で癌化するかはわかっていませんが、先述のとおり、増大傾向にあるものは癌化の危険性が高いと言われています。
発見されたポリープが将来癌になるかならないかの判断は、発見した時点では困難です。発見された時すでに顕微鏡でわかる程度の「癌の芽」を含んでいるポリープもありますが、見た目で診断するのは難しいことが多いのが現状です。現在日本では検査で発見されたポリープのうち5mm以上のポリープで腺腫と考えられるものは摘除した方が良いというのが一般的な考え方です。ポリープがすでに癌化していても、癌が粘膜内にとどまっている段階であれば、内視鏡的に完全切除ができれば完治となります。

大腸ポリープの診断

 大腸ポリープ自体で症状が出現することはほとんどありません。非常に大きなポリープの場合にはポリープから目で見てわかるくらいの出血を起こすことがありますが、ほとんどの場合には大腸がん検診で行われる便潜血検査で陽性となった場合に大腸内視鏡検査を行い診断されます。またよほどの大きさでない限り、便秘の原因となることもありません。ポリープがどのような性質のものであるか(癌化しているかどうか、切除が望ましいかどうか、など)は内視鏡での見え方(色素内視鏡、狭帯域画像内視鏡、拡大内視鏡など)である程度判断が可能ですが、最終的な診断の確定はポリープの一部を採取する生検やポリープ切除によって病理検査を行うことで得られます。

大腸ポリープの治療

 腫瘍性ポリープである程度の大きさのものが内視鏡治療の対象となります。内視鏡でポリープを切除するとき、内視鏡の中を通してリング状の細いワイヤー(スネア)を送り込み、このワイヤーをポリープの付け根に巻きつけて締め付けながら同時に高周波電流流して焼き切ります(図1、下記の写真)。

大腸ポリープの治療
大腸ポリープの治療

 ポリープの隆起の丈が低くてワイヤーがかかりにくい場合、粘膜の下に少し濃い食塩水を注入してポリープを含む粘膜を浮き上がらせて隆起を高くしてからワイヤーをかけ切除します(図2)。

大腸ポリープの治療

 大きなポリープや、一部癌化している可能性がある場合には、早期胃がんの治療で最近よく行われている内視鏡的粘膜下層切開剥離術ESDという治療を行うこともあります。内視鏡で切除可能な病変は、粘膜内にとどまっているものだけです。粘膜より深いところに食い込んでいる大腸がんは内視鏡で切除することはできませんので、外科的に手術することになります。また、内視鏡治療を行った場合、大腸がんを予防する目的で定期的な内視鏡検査を受けることが望ましいですが、初回治療から1年後に再検し、そのときの状態によってその後の検査間隔を判断するというのが一般的な考え方です。

ページトップへ