大腸憩室症

大腸ポリープの治療 大腸憩室とは大腸粘膜の一部が腸管内圧の上昇により袋状に腸壁外に向かって突出したもので、大腸憩室が多発した状態を大腸憩室症(写真1)といいます。憩室壁が腸壁の全層からなる真性(先天性)憩室と、筋層を欠く仮性(後天性)憩室に分けられますが、大腸憩室の大部分は仮性憩室で、比較的高齢者に多い病気です。 従来、欧米では左側の大腸(S状結腸)に好発するのに対し、日本では右側結腸に多いといわれてきました。しかし、近年の食習慣や生活様式の欧米化に伴い、日本でも左側大腸の症例が増えています。
 第一の原因として、大腸内圧の上昇があげられます。最近の食生活の欧米化とともに、肉食が多くなり食物繊維の摂取量が減少したため、便秘や腸管のれん縮、腸管内圧の上昇を起こしやすくなったと考えられます。 第二の原因として、加齢による腸管壁の脆弱化があげられます。そのほか、体質、人種、遺伝、生活環境などの要因も複雑に作用し合って発生すると考えられています。

大腸憩室症の症状

 大腸憩室症の約70%は無症状のまま経過しますが、時に便通異常(下痢、軟便、便秘など)、腹部膨満感、腹痛などの腸運動異常に基づく症状、つまり過敏性腸症候群に似た症状を起こします。また5~15%の症例は憩室からの出血、15~25%の症例では憩室炎が発生し、強い腹痛、下痢、発熱などを伴います。憩室炎は進行すると穿孔、穿孔性腹膜炎、狭窄による腸閉塞、周囲臓器との瘻孔形成(小さな穴が通じる)を生じることがあります憩室出血はほとんどが腹部症状を伴わず、暗赤色または鮮紅色の下血が症状となります。近年、高齢者を中心に低用量アスピリンなどの抗血栓薬や解熱鎮痛剤の服用が増えており、そのために出血しやすい状態となっているとの指摘もあります。

大腸憩室症の診断

 大腸憩室症の診断には、注腸造影X線検査が最も有用です。大腸内視鏡検査でも、粘膜面に円形または楕円形のくぼみとして認められますが、憩室そのものの診断能力は注腸造影よりも劣ります。しかし、合併症として出血を伴う場合は大腸内視鏡検査が第一選択です。大量出血の場合には血管造影が必要となることがあります。また、憩室炎の合併時には、腹部超音波、CTなどの検査が有用です。

大腸憩室症の治療

 無症状であれば、とくに治療の必要はありません。腸運動異常に基づく症状がある時は、薬物の投与を行います。
 憩室出血の多くは絶食、安政にて自然に止血しますが、大量出血が持続する場合は、血管造影や内視鏡による止血術が行われます。内視鏡的止血術では憩室開口部を縫い合わせるクリップ法や内視鏡的結紮術が選択されることが多いです 。これらの内科的な治療でも止血困難な場合には外科的治療(手術)が必要となります。
 憩室炎を合併した場合は、入院のうえ、絶食、抗生剤の投与が必要です。膿瘍形成、狭窄による腸閉塞、瘻孔を形成した場合には手術を行います。

ページトップへ