内視鏡検査とは

内視鏡 ①上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
胃カメラは最も頻繁に手軽に行われる検査です。胸やけがする、胃もたれがする、胃が痛い、などの症状があるときにその原因を調べて正しく治療するために行います。同時に食道胃静脈瘤や胃癌、胃潰瘍などの治療を行うときにも使用します。 ・口からのカメラ・・・のどの麻酔だけ行います。カメラがのどを通るときに少し苦しく感じますが、性能の高いレンズを用いて短時間で検査ができます。組織を詳しく調べるときにも大きな組織を採取することが可能です。また、検査ではなく何らかの治療を行うときには口からのカメラでないとできません。 ・鼻からのカメラ・・・鼻とのど両方の麻酔を行います。カメラがのどを通過するときの苦痛は少なく、苦しい思いをあまりせずに検査を受けることができます。ただし、鼻出血が生じやすい、組織の検査をするときに小さな組織しか採取できず正確な診断を得にくい、治療を同時に行うことができない、検査時間が若干長くなる、などの問題点があります。

②下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)
便秘しやすい、便に血が混じる、お腹が痛い、などの症状があるときにその原因を調べて正しく治療するために行います、また大腸ポリープや大腸がんを切除するときにも行います。 しかし胃カメラとは異なり、大腸の検査を行う場合には大腸内の便をきれいに洗い流してから検査する必要があります。そのため検査前日から検査用の下剤を2種類内服していただき、検査当日朝から2リットルの洗腸液を飲んでいただきます。そうして便の残っていないきれいな腸になってはじめて正確で安全な検査を行うことができます。

③内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)
胆石症で胆石が胆管に詰まった場合、膵臓がんや胆管がんの疑いが強い場合などに行う検査です。口からやや長めの内視鏡を挿入し、十二指腸にある十二指腸乳頭という胆管、膵管の出口に細いチューブを入れて造影します。必要に応じて引き続き十二指腸乳頭を電気メスで切開し胆管に詰まった胆石をとりだす処置を行ったり、色々な原因で胆汁の通りが悪くなった胆管にステントと言われるチューブを挿入して胆汁の通り道を確保する治療を行ったりもできます。

以上のように内視鏡にも様々な種類がありますが、病状に合わせて適切な検査を行うことで病気を早期発見したり、適切な治療を行ったりすることが可能です。怖い検査とお思いの方も多いでしょうが、消化器センタースタッフ一同、安全で確実な検査・治療を行うよう日々努力しています。苦痛を和らげる方法にも工夫しながら検査を行っていますので、消化器センター医師・看護師にお気軽にご相談ください。

看護部から

 当院の内視鏡室は、上部・下部内視鏡および胆膵内視鏡を施行しており、内視鏡専門医・内視鏡専門技師・看護師を中心に経験豊かなスタッフによるチーム医療を提供しています。
当院では、胃カメラの際、のどの麻酔による苦痛を軽減する為に、スタッフで考案した「アイスシャーベット法」を導入し、患者様によい評価をいただいております。
また、大腸カメラは、検査の流れをまとめたDVDを作成し、事前に患者様にご覧頂くことにより、安心して検査を受けて頂けるよう取り組んでいます.内視鏡検査が怖くてたまらない患者にはご希望に応じて、軽い静脈麻酔を行い、眠った状態での検査も可能ですのでご相談ください。検査中は患者様の全身観察を行い,安全で質の高い看護を心がけています。
私たちは、医療技術の進歩に合わせ、院内外をはじめ勉強会に参加するなど、相互学習、自己研鑽に努めています。より広い知識を習得し、内視鏡医と連携を取りながら、患者様にとって『やさしい』内視鏡に取り組んでいます。

内視鏡

ページトップへ