患者の権利章典

患者様は「患者中心の医療」の理念のもとに、人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利を持っています。また、医療は患者様やそのご家族と医療提供者が互いの信頼関係に基づき、協働して作りあげていくものであると考えています。
このような考え方に立って、ここに「患者権利章典」を制定します。病院はこの「患者権利章典」をまもり、患者様やご家族の医療の主体的な参加を支援していきます。

  1. 患者様には、良質な医療を平等に受ける権利があります。
  2. 患者様には、個人として常にその人格が尊重される権利があります。
  3. 患者様には、十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 患者様には自分が受ける医療に参加し、自ら決定する権利があります。また、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  5. 患者様には自分が受ける医療について知る権利があります。
  6. 患者様には研究途上にある治療を受ける権利があります。

※患者様、ご家族様へのお願い

  1. 患者様の健康情報を正確に担当医にお伝えください。
  2. 納得して医療を受けていただくために、分からないことは繰り返し説明を受けてください。
  3. 他の患者様等への配慮にご協力ください。

ページトップへ