霜野医院 霜野良一先生

今月のかかりつけ医の先生 私は昭和54年大阪医科大学を卒業後、解剖学教室に入り10年間学生教育と研究生活を送りました(昭和60年より香川医科大学解剖教室)。
平成元年に大阪医科大学第2内科(消化器内科)に入局、研修医としての臨床の基礎を学んだ後、肝胆膵グループに属し、現在の阪和住吉総合病院院長の板橋先生らのもと、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、PTCD(経皮経肝胆菅ドレナージ)、腹部血管造影などの手技を学びました。平成7年より西宮市の谷向病院に副院長として赴任しました。この病院は地域密着型の家庭的な病院で、消化器だけでなく循環器、呼吸器、糖尿病など種々の疾患を経験致しました。
平成12年より住吉区殿辻で内科・消化器科として開業し、一般内科診療を中心に腹部エコー、胃カメラなどの検査や在宅医療を行っています。また、数年前に漢方薬に興味を持ち、まだ未熟ですが、漢方治療も行っています。そして、家庭医として常に患者さん目線での医療をモットーに、患者さんが心身ともに健全に過ごせるような診療を心がけています。
阪和住吉総合病院には開業以来、全科にわたってお世話になっており、大変感謝しています。今後とも宜しくお願い致します。

病院名 霜野医院
院長名 霜野良一
住所 大阪府大阪市住吉区殿辻1-7-22
電話番号 06-6691-1750
URL  
診療科目 内科・消化器科
診療時間 要確認

一覧はこちら

ページトップへ