河南医院 河南里江子先生

今月のかかりつけ医の先生 住吉区遠里小野の南海高野線、我孫子前駅近くで内科医院を開業しております。
昭和58年近畿大学卒業後、近畿大学病院第四内科(現呼吸器・アレルギー内科)、京都大学胸部疾患研究所内科、国立姫路病院(現国立病院機構姫路医療センター)、京都大学呼吸器内科、京都大学再生医科学研究所などを経て、平成19年より父が開業していた石井医院を継承いたしました。専門は呼吸器内科・アレルギー内科ですが、呼吸器疾患以外の一般内科全般診療、在宅医療も行っております。高齢化の進んだ地域性を反映して、外来患者さんは御高齢の方が増え、循環器疾患の患者さんも多く、金曜日の夜診と土曜日の午前診は循環器内科医の夫に来てもらって循環器専門外来も行っています。
医療はアート(技)とマインド(心)だという信念で、専門性を持った身近にあって何でも相談できるかかりつけ医として、地域医療に少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと考えています。
阪和住吉総合病院には、全科にわたり病診連携でたいへんお世話になっております。検査や高度医療のための紹介患者さんへの対応はもとより、重症患者さんや救急患者さんの入院受け入れも迅速に対応して頂き、心より感謝しております。特に消化器センターの先生方には言葉に尽くせぬほどお世話になり、いつも頼りにしております。今後も地域に信頼される病院として、貴院がさらに発展されることを期待しております。

病院名 河南医院(かわなみいいん)
院長名 河南里江子
住所 大阪府大阪市住吉区遠里小野1-12-9
電話&FAX 06-6691-1322
診療科目 内科・呼吸器内科・循環器内科・アレルギー科
診療時間 【午前】9:00~12:30
【午後】5:00~7:30
【休診日】火曜午後、木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日

一覧はこちら

ページトップへ