臨床検査部

患者様から採取した血液や尿などを分析する検体検査と、心電図や超音波検査(エコー)などを担当する生理機能検査を行う部門です。
院内で採取した検体においては、緊急項目であれば1時間以内に報告できるシステムを24時間体制で運用しており、生理機能検査においては通常診療時間内での緊急対応で各診療科をサポートしております。

実施内容

検体検査
生化学・血液学・免疫血清学・尿一般検査
生理機能検査
心電図・心エコー・腹部エコー・甲状腺,頸動脈などの表在エコー・呼吸機能検査・脈波検査・ホルター心電図・末梢神経伝導検査

主要機器

検体検査
生化学自動分析装置
緊急用生化学自動分析装置
自動血球計算機
自動血液凝固測定装置
自動免疫学検査システムなど
生理機能検査
超音波診断装置 2台
心電計 2台
スパイロメーター
血圧脈波検査装置
ホルター心電計
誘発電位検査装置

検査結果の品質管理(精度管理)

日本臨床検査衛生検査技師会の精度管理調査や、検体検査においては検査試薬メーカーが実施している外部精度管理にも参加しており、また内部的には品質管理物質を毎日測定し日々のデータ保証を行っております。

人員

検体検査
臨床検査技師 7名
生理機能検査
臨床検査技師 4名

運用

医師は院内医療情報ネットワークにあるオーダーリングシステム(オーダーリング)を用いて、検体検査及び生理機能検査の予約・依頼を行い、その指示に従って各検査を行います。
検体検査では、指示を受け取った項目を各分析装置に振り分け、分析を行い、検査結果をオーダリングに返します。
生理機能検査もオーダーリングを通して依頼を受け、各検査をおこないます。
エコー検査などの撮影画像や検査結果も、オーダリングに返すことができます。
それらの結果は、医師側のオーダーリングから参照することができます。

ページトップへ