阪和住吉総合病院について

病院概要


名称 阪和住吉総合病院
所在地 〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉3-2-9
病院種類 一般病院
特徴・専門 総合病院
経営体名 医療法人 錦秀会
病院長 阿部 孝
看護部長 平野 清美
病床数 115
平均外来者数 263人/日
診療科目 内科・消化器内科・呼吸器内科・外科・消化器外科・整形外科・形成外科・泌尿器科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科
2009年度年報はコチラからPDFでご覧になれます。
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。(無料ダウンロード)

各種法律等に基づく医療制度指定・認定

各種学会等の制度に基づく指定・認定

令和元年度 阪和住吉総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 17 42 75 129 166 271 672 756 367
当院での退院患者数を10歳区切りで示しております。特に70歳以降が多く全体の約7割を占めております。
整形外科では骨折などの疾患を中心とした治療。内科・外科では内視鏡による治療、外科的治療など、消化器センターにて各診療科が連携を取り、患者様の治療にあたっております。
大阪市にお住まいの患者様が大半を占めており、地域住民、地域医療機関と密着した医療の提供に努めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 122 26.52 20.84 27.87 84.57
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 109 3.17 2.63 0.92 73.70
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 84 22.40 12.58 16.67 82.02
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 79 13.67 9.79 16.46 78.63
060102xx99xxxx 穿孔または腫瘍を伴わない憩室性疾患 73 7.44 7.65 5.48 69.21
当院は錦秀会グループの急性期病院としてグループ関連施設で発生した誤嚥性肺炎や骨折など24時間体制で対応しているため、入院に占める肺炎患者数が多い傾向があります。
さらに周辺地域の開業医からの発熱、感染症関連の入院を積極的に受け入れており感染症患者数も多い現状です。
また内視鏡センターを設置し、あらゆる消化器内視鏡関連の処置、治療を施行しているため、消化管腫瘍、ポリープ切除術や総胆管結石除去術など内視鏡治療関連の入院患者が多い特徴があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠経ヘルニア(15歳以上) 52 6.63 4.85 1.92 69.81
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む)悪性腫瘍 30 20.40 30.29 0.00 72.27
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 24 10.29 9.79 0.00 54.46
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 22 5.41 5.45 0.00 35.14
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 17 7.29 6.37 0.00 63.71
当科で扱っている症例は大きく分けると、がん等の悪性腫瘍に対する手術とヘルニア、胆石症等の良性疾患に対する手術、急性虫垂炎等の腹部救急疾患に対する手術があります。
主に消化器疾患の手術治療を行っていますが、ヘルニア(脱腸)の患者様も多く、各々の患者様の病状にあわせ、従来の病変部分を切る手術の他に、腹腔鏡を用いた術式も採用しています。
内科の検査で見つかった胃癌や大腸癌の待期的手術の他、虫垂炎など、緊急の患者様も積極的に受け入れ、迅速に治療を行うようにしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 73 31.07 25.94 30.14 84.56
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 14 8.64 5.94 0.00 57.00
160760xx97xxxx 前腕骨折 14 12.79 5.54 0.00 70.71
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 - - 5.41 - -
180060xx97xxxx その他の新生物 - - 6.39 - -
当科は骨折が、毎年上位を占めております。
高齢者の骨折が多く、骨粗鬆症による骨の脆弱性に基因する大腿骨近位部骨折、前腕骨折が多くなっています。
高齢の患者様は運動能力も低下しており、他の内臓疾患を持っておられることも多く、元のADLのレベルに回復するのが困難なことも多いです。
そのため骨折に対する急性期治療後は、リハビリ等の継続のため、転院する場合があり、転院率が高くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 32 - - - 18 - 1 6.7.8
大腸癌 12 17 16 23 23 22 1 6.7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の5大癌のUICC病気分類ならびに再発の実患者数を集計したものです。
UICC分類とは①腫瘍の大きさ②リンパ節の転移状態③遠隔転移の有無などで分類したもので、組合せによりがんの状態を4段階に評価したものです。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病気を表します。
当院では消化器疾患を中心とした患者様が多く、胃癌、大腸癌の患者様が多い結果となっております。
消化器癌系に対応するための、手術・内視鏡・化学療法などの設備の充実を行い、地域の基幹病院として患者様の病態や社会的背景を踏まえた治療に努めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 10.00 46.64
中等症 98 22.08 85.95
重症 26 21.50 87.54
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、病院外の日常生活の中で罹患した肺炎を指します。
成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器病学会)による重症度分類を用いて分類しています。
この指標では、細菌による肺炎が集計対象であり、インフルエンザウイルスなどのウイルス性肺炎や、食べ物の誤嚥が原因となる誤嚥性肺炎などは集計対象外です。
肺炎で入院される患者様の多くは高齢者であり、また重症化しやすい傾向もあることから、平均年齢も高くなっております。
軽症の患者様の平均年齢は40才代ではありますが、高熱による食事摂取が困難であるなどのため入院加療にて治療を行っているケースがみられます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 177 1.85 2.98 2.82 75.82
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 70 2.37 15.21 27.14 80.83
K654 内視鏡的消化管止血術 44 1.00 13.07 18.18 75.18
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術・腹腔鏡下胃瘻造設術を含む 32 6.50 9.91 71.88 77.59
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) 27 2.11 2.07 3.70 69.19
当院は消化器センター、内視鏡センターを設置し、あらゆる消化器内視鏡関連の処置、治療を施行しています。
具体的には消化管腫瘍、ポリープの切除術や総胆管結石除去、悪性疾患に対するステント留置術などを広く施行しており、内視鏡治療関連の入院患者様が多い特徴があります。
また、当院は錦秀会グループの急性期病院としてグループ関連施設で胃瘻造設が必要な患者様に対し当内視鏡センターで胃瘻造設を施行しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 1.46 5.97 0.00 64.41
K6335 鼠経ヘルニア手術 32 0.50 5.53 3.13 68.38
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 5.84 19.03 3.13 72.53
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 24 1.21 8.71 0.00 50.92
K634 腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術(両側) 21 0.67 4.29 0.00 71.62
単独の術式としては胆石症、ヘルニア(脱腸)、虫垂炎の手術が上位を占めていますが、悪性腫瘍の治療も数多く行っています。
小規模病院のメリットである小回りの良さを活用し、内科と密に連携をとり、迅速な診断・治療を心がけています。
個々の患者様の病状にあわせ、内視鏡治療、腹腔鏡下手術、開腹手術、化学療法などを適切に選択して治療を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 56 2.98 27.34 26.79 83.29
K0811 人口骨頭挿入術(肩,股) 27 3.48 24.41 33.33 83.78
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 22 2.00 15.45 13.64 71.18
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手 足)その他) 18 1.56 9.72 0.00 61.39
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 - - - - -
整形外科では高齢者の転倒が原因で発生する大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折に対する骨接合術が多くを占めております。
また大腿骨内側骨折に対する人工骨頭挿入術もよく行っています。高齢の方は骨融合に要する期間が長いため、確実な手術に心がけ、リハビリはリハビリ専門病院に、お願いすることが多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 23 0.92
180010 敗血症 同一 - -
異なる 17 0.68
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群、敗血症とは、入院契機となる病名とは異なり、様々な原因でおこります。
同一とは入院時に何らかの病態より発症している状態。異なるとは入院後に発症した状態を示しております。
当院では、肺炎や尿路感染症等の炎症疾患の患者様が多く、高齢による免疫力の低下から容態が急変し播種性血管内凝固症候群と敗血症に至ったと考えられます。
手術・処置等の合併症につきましては、入院契機とDPC病名が同一である症例がほとんどでした。
つまり、手術・処置などの合併症を主として入院され、治療を受けた患者様が多くなっております。
更新履歴
2020年9月18日

ページトップへ