<1.事業の目的及び運営の方針>
事業の目的 医療法人錦秀会が実施する指定訪問看護事業所の適正な運営を確保する為に、人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の看護師その他の従業者で、 医師が訪問看護の必要を認めた高齢者に対して、適切な指定訪問看護を提供することを目的とします。
運営の方針 ステーションの看護師などは、利用者の心身の特性を踏まえて、全体的な日常生活動作の維持、回復を図るとともに、生活の質の確保を重視した在宅療養が継続できるように支援する。 事業の実施にあたっては、関係市町村、居宅支援事業所、地域の保健、医療、福祉サービスとの密接な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。
<2.サービスの概要>
  (1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)
全身状態の観察
清拭・洗髪・入浴介助等による清潔保持
食事及び排泄等日常生活援助
床ずれの予防・処置
リハビリテーション
ターミナルケア
認知症患者の看護
療養生活や介護方法の指導
カテーテル等の管理
その他医師の指示による医療処置
(点滴管理・中心静脈栄養管理・酸素療法管理・服薬管理・血糖測定・人工肛門管理等)
<3.ご利用料金>
※准看護師については、所定額の90/100 ※加算の詳細は契約時にご説明します。
<4.営業日及び営業時間>
営業日 月曜日〜金曜日(祝日を含む)
但し、12月29日から1月3日は除く
営業時間 午前9時から午後5時15分
<5.個人情報保護方針>
個人情報保護方針はこちらでご案内しております。(PDF形式)
<6.介護保険受給権者>
  (1) 65歳以上の要支援者・要介護者
  (2) 40歳以上65歳未満の16特定疾病で要支援者・要介護者
1.がん 2.関節リウマチ 3.筋萎縮性側索硬化症 4.後靱帯骨化症 5.骨折を伴う骨粗鬆症 6.初老期における認知症 7.パーキンソン病関連疾患 8.脊髄小脳変性症 9.脊柱管狭窄症 10.早老症 11.多系統萎縮症 12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 13.脳血管疾患 14.閉塞性動脈硬化症 15.慢性閉塞性肺疾患 16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
<7.医療保険受給権者>
  (1) 介護保険受給者以外(介護保険受給権者アイコン参照)
  (2) 介護保険対象者であっても、以下の厚労省の定める特定疾病者
・末期の悪性腫瘍 ・多発性硬化症 ・重症筋無力症 ・スモン ・筋萎縮性側策硬化症 ・脊髄小脳変性症 ・ハンチントン舞踏病 ・進行性筋ジストロフィー ・パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度が U度又はV度のものに限る)
・多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮及びシャイ・ドレーガー症候群)
・プリオン病 ・亜急性硬化性全脳炎・ライソゾーム病・副腎白質ジストロフィー・脊髄性筋萎縮症・球脊髄性筋萎縮症・慢性炎症性脱髄性多発神経・後天性免疫不全症候群・頚椎損傷及び人工呼吸を使用している状態
  (3) 急性憎悪等により頻回の訪問看護を行う必要がある旨の特別訪問看護指示の日から14日以内

ご相談下さい

◆訪問看護サービスの受け方について
◆在宅療養における身近な不安や諸問題について
◆福祉、医療などに関する制度やサービスの利用について  等

 

医療法人 錦秀会 阪和訪問看護ステーション

住所:〒 558-0041 大阪市住吉区殿辻1−9−14

電話:06−6698−3550

FAX :06−6698−3555

営業日時:月曜日〜金曜日 午前9時〜午後 5 時
(訪問日、時間は状況により配慮いたします。)

 

 
 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved