医療法人錦秀会 阪和記念病院

冠動脈(心臓)カテーテル検査 Coronary angiography(CAG)

心臓カテーテル検査とは

心臓カテーテル検査とは、細い管(カテーテル)を経皮的に血管の中に挿入し、X線や造影剤を用いることによって心臓血管の形態学的異常を検出したり、心臓内腔の圧力や血行動態を調べる検査を言います。

こちらは、患者様用に作成した心臓カテーテル検査のパンフレットです。ご参照ください。

心臓カテーテル検査の目的

患者様の状態に合わせて以下の検査目的のために心臓カテーテル検査を行います。

検査室

検査は心臓カテーテル室で行います。

検査室

検査方法

図:冠動脈造影検査の手順
図:冠動脈造影検査の手順

ここでは冠動脈造影検査を例に具体的な検査方法を説明していきます。
まず足の付け根や手首あるいは腕にある血管周囲に局所麻酔を行い、動脈に細い管(カテーテル)を入れて、冠動脈(心臓を栄養する血管)まで挿入して、冠動脈や下肢動脈に造影剤を注入しながら血管撮影を行います。様々な角度から撮影することにより、形態学的に冠動脈に狭窄や閉塞病変がないかどうかを調べていきます。

手首(橈骨動脈)からアプローチした場合。(左から右への手順)
写真:手首(橈骨動脈)からアプローチした場合。(左から右への手順)
局所麻酔後に橈骨動脈にアンギオシースを留置します。

心臓と冠動脈の位置関係(正面) 赤い血管が動脈系、青い血管が静脈系を示す。
図:心臓と冠動脈の位置関係(正面) 赤い血管が動脈系、青い血管が静脈系を示す。
心臓を構成する心筋へ血液を送る動脈を冠動脈といいます。上行大動脈より左右に1本ずつ分岐します。左冠動は左回旋枝と左前下行枝にさらに大きく2つに枝分かれし、心臓全体を冠のような形で覆っています。

冠動脈造影検査(正常の冠動脈)
冠動脈造影検査(正常の冠動脈)

検査に伴う危険性 <重要>

検査自体はよく行われる検査で、診断や治療決定に非常に有益です。ほとんどの場合が安全に施行されます。しかし非常に頻度は稀ですが、以下のような合併症の可能性が考えられます。

ときに出現する合併症として
可能性の低い合併症として (約100人に1人くらい)
非常に稀な合併症として (約1000人に1人以下)