医療法人錦秀会 阪和記念病院

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の症状

虚血性心疾患の症状虚血性心疾患はわが国死亡3大原因の一つに挙げられています。
虚血性心疾患は、心臓の筋肉(心筋)に酸素と栄養を送り届けている冠状動脈という血管の動脈硬化から起こります。 冠動脈が動脈硬化で狭くなり、心臓に十分な酸素と栄養の補給ができなくなることが病気の主要メカニズムです。 虚血性心疾患の代表的な病気には狭心症、心筋梗塞があります。 放っておくと、突然死や心不全などの生命にかかわる重大な病気を引き起こします。
虚血性心疾患に早く気づくには、初期の自覚症状(サイン)を知ることが大切です。

以下のような様々な症状が出ます

胸が痛い
狭心症の疑いがあります。代表的な症状は胸痛ですが、人によっては歯や顎の痛み、左腕や左肩の痛み、喉が詰まるなど、現れる症状はさまざまです。 痛みは5分以内に消失するのが特徴です。
突然の激しい胸の痛みが長く続く
激しい胸痛が収まらない時は、心筋梗塞が疑われます。狭心症と同様、胸部以外にもさまざまな部位に痛みを感じることがあり、ときに激しい腹痛で消化性潰瘍と間違われる場合もあります。痛みは15分以上持続するのが特徴です。すぐに救急車を呼んで下さい。
当センターでは、胸痛患者様の救急隊からの要請を一切お断り致しません!
坂道や階段を昇ると息が切れる
決して年のせいではありません!息切れは虚血性心疾患による心機能低下の一つです。心臓の働きが弱った状態になると少しの運動でも息切れします。精密検査を受けましょう。
寝ると息苦しい。風邪でもないのに咳が出る
風邪でもないのに咳がでる、夜間の尿量が増すというのは、心不全の初期症状にみられます。心不全は心臓のポンプ機能の衰えにより起こるもので、息切れ、疲れやすい、むくみ、体重増加が主症状です。虚血性心疾患が原因で起こります。

40歳を過ぎたら定期検診を!

胸に痛みや息苦しさなど違和感を感じたら、当院の外来に来てください。
虚血性心疾患の危険因子には、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などがあります。これらの状態が重なると血管が大きくダメージを受けますが自覚症状が全くありません。
放置しておくと虚血性心疾患になりやすいため、40歳をすぎたら定期検診を受けることを強くお勧め致します。

身内(親、兄弟)に狭心症や心筋梗塞患者がいる方は・・・

とくに親、兄弟に狭心症や心筋梗塞患者がいる方は、早いうちから予防を心がけてください。

心不全の症状

心不全とは、様々な原因の結果、心臓のポンプとしての働きが落ちている病態をいいます。多くの患者様は自覚症状が出るまでに心不全があることに気づいていません。
心機能が低下して数年後に心不全と診断されることが多くあります。
心不全の症状には、息切れ、疲れやすい、顔や足のむくみ、体重増加などがあります。とくに高齢者ではそうした症状があっても歳のせいと思い込み、心不全のサインを見逃してしまいがちです。早期発見・早期治療が大事です。
軽いうちに治療することで心不全の進行を防ぐことができます。

以下のような様々な症状が出ます

水分貯留が心不全の症状の主な原因となっています。主に肺や足などに貯留します。

心不全の症状

末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)の症状

末梢動脈疾患
足の血管の動脈硬化がすすみ、血管が細くなったり、つまったりして、血液の流れが悪くなった状態をいいます。
はじめは、足の冷えなどの軽い症状ですが、悪化すると、じっとしていても足がしびれたり痛くなったり、ひどい場合には壊疽を起こしたりします。
自覚症状などの小さな変化を見逃さず、早期発見・治療を心がけましょう。

以下のような様々な症状が出ます

無症状・冷感・しびれ感(軽度虚血)

しびれと冷感が症状としてあらわれます。まだ初期段階ですからそれほど血行不全はないため、無症状やすぐに症状が消失したりする場合も多くなります。

間歇的跛行期(中等度虚血)

ある一定の距離歩行すると下肢の筋肉の痛みが出現して歩けなくなり、数分休むと再び歩けるようになる状態。
血流が充分でないために運動に見合う酸素を供給できなくて起こる症状を認めます。

歩かなくても痛みを感じる(高度虚血)

さらに虚血が進行して、歩かなくても痛みを感じる状態になります。

足趾やくるぶしに潰瘍や壊死ができる(重度虚血)

血行の悪い場所から皮膚の壊死や潰瘍が起こり、治りが遅くどんどん患部が広がっていきます。
最悪の場合は足の切断を余儀なくされることもあり、一刻も早く適切な治療を受けなければなりません。

下肢閉塞性動脈硬化症の方は下肢以外に心臓の冠動脈や頸動脈など全身の動脈硬化を合併していることが多く、症状の有無にかかわらず全身動脈硬化疾患の検索が必要になります。

危険因子

加齢(65歳以上)、糖尿病、慢性腎臓病、脂質異常症、高血圧、喫煙者(喫煙量に比例する)に多く発症します。

特に喫煙は4倍、糖尿病は3倍とそれぞれリスクが高くなります。

次に該当する方は積極的に検査を受けましょう!