阪和住吉総合病院 看護部サイト

教育・研修プログラム

 看護部教育目的
看護部の理念に沿って人として成長し、専門職としての役割と責任のある業務が遂行でき、安全・安楽な看護が提供できる人材を育成する。

 看護部教育目標
1. 継続学習の啓蒙に努める
2. 教育の対象者を理解し適切な環境を提供する
3. 共に育てる環境づくり

 研修における組織の体制
教育担当者・実地指導者をはじめ職員全員で、新人が学びやすく、働きやすい環境づくりを第一に取り組んでいます。


看護部教育活動・計画

 看護・介護技術部研修
錦秀会グループ7病院、1施設の看護部の知識・技術の向上を目的に発足しました。毎月1回、各院の主任・中堅のリーダー的な役割を担う看護師が集まり、研修を行っています。 テーマは、救急看護、心電図モニターの見方、人工呼吸器の知識など技術に関することや接遇やオムツの使い方など介護に関すること、新人指導に関することなど幅広くおこなっています。また年1回錦秀会各病院の交流と知識の見聞のため、院外留学を行っています。

 看護研究発表会
1年に一度、各セクションでテーマを決めて研究し、その成果を発表します。

※スマートフォン表示では一部内容を省略しております。詳細をご覧になりたい方は、パソコン表示に切り替えてご利用下さい。

▲ページトップに戻る