阪和住吉総合病院

外来受診のご案内

救急外来について

阪和住吉総合病院消化器センターでは吐血または下血、あるいは急性腹症(激痛を主な特徴とする腹部の急性疾患の総称です)が疑われる消化器疾患の緊急検査・処置そして手術の必要な患者さまを平日24時間体制で受け入れております。
急性腹症を起こす代表的な疾患には消化管の穿孔(胃や腸が潰瘍や癌が原因で破れることです)とそれによる腹膜炎、腸閉塞、急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性膵炎があります。

MENU

病院理念・概要

診療科のご案内・診療時間表

外来のご案内

入院のご案内

各部門のご紹介

医療関係者の方へ