実地指導者研修会

看護職員・学生の育成

教育・研修プログラムのご紹介

実地指導者制度(プリセプターシップ)

錦秀会看護介護技術部委員会が主催する研修センターでの勉強会に年間を通して参加している実地指導者は、基本的な看護技術を再度研修で見直すことで、新人への指導に役立っています。
その研修には一部の実地指導者しか参加できないため、それを伝達講習することにより、病院内の実地指導者同士で共有できる仕組となっています。
また、新人看護職員の各月の目標と実地指導者の指導内容や教育担当者との連携が取れるように、新人・実地指導者・教育担当者の役割が分かる年間スケジュールも作成しています。
実地指導者はこのスケジュール沿って、新人の進達度の確認や夜勤勤務の準備をしていくことができます。

実地指導者研修会

実地指導者(卒後3年から)
実地指導者の役割を知り、新人看護師と共に学び共に育つことができる

日程 研修内容
5月 伝達講習「実地指導者とは」
6月 伝達講習「口腔ケア」
7月 3ヶ月の振り返り
8月 病棟夜勤オリエンテーション打ち合わせ
10月 伝達講習・技術フォローアップ
「経管栄養・注射法・吸引」
11月 半年の振り返り
12月 伝達講習「輸液ポンプ・シリンジポンプ」
1月 技術フォローアップ「急変時の対応」
2月 伝達講習「人工呼吸器の基礎」
3月 1年間の振り返り
  • 研修のもよう
  • 研修のもよう
  • 研修のもよう