薬剤部理念

患者様の立場に立ち、チーム医療の一員として信頼される薬剤師を目指します。

薬剤部方針

  1. 分かりやすい服薬指導を心掛けコンプライアンスの向上に努めます。
  2. 医薬品の適正使用を推進します。
  3. 円満かつ信頼される人間関係を築きます。

薬剤部目標

チーム医療の一員として知識向上のため努力します。

薬剤部の主な業務内容

内服薬・外用薬調剤業務

内服薬・外用薬調剤業務医師よりオーダーされた処方箋に従い、錠剤・散剤・液剤・外用薬などの薬剤の調剤を行っています。用法・用量、薬同士の相互作用の有無等確認し、細心の注意を払いながら調剤し、時に医師へ疑義照会を行い、用法・用量・薬の種類等の案などを行う場合もあります。また患者様や医師からのご要望に合わせ、より患者様に適した服用方法になるよう調剤しています。

持参薬鑑別業務

患者様が安心・安全な薬物治療を受けられるために入院時に持参薬を確認させていただいています。持参薬とは患者様が入院時お持ちになった普段使用しているお薬のことで、内服薬、点眼薬、塗り薬・貼り薬・注射薬など全てのお薬が含まれます。当院では持参薬の名称・用法・用量・持参した数などを調べ、医師・看護師へのフィードバックに努めています。持参薬鑑別により、重複投与の防止や手術や検査前に服用中止の指示のあるお薬の確認ができる等のメリットがあります。

注射薬調剤業務

注射薬調剤業務入院されている患者様一人一人に対して注射剤を医師の処方箋に従い、調剤を行っています。この際投与量、投与経路、注射剤同士の配合変化なども確認し、安全に投与するために細心の注意を払いながら調剤を行っています。内服薬・外用剤の調剤と同様時に医師へ疑義照会を行う事によって患者様に安全に投与できるよう努めています。無菌室において、中心静脈栄養剤・化学療法に使用する抗がん剤などの調製などを行っています。化学療法では、患者様ごとにスケジュールの管理を行うことにより抗がん剤をより安全に投与できるよう努めています。

医薬品情報管理業務(DI)

医薬品の情報を収集・整理・保管し、医薬品の適正使用のため医師や看護師に対して相互作用・副作用・配合変化・保存方法など様々な情報を提供しています。また各部署より医薬品に関する質問等がある場合、製薬会社に問い合わせる等対応を行い、得られた情報は薬剤部内の他必要とされる部署にフィードバックします。日々新しい医薬品が世に出る中、最新の情報を得るために、定期的に製薬会社の方を招いて勉強会を行っています。

薬剤管理指導業務

医師から依頼のある入院患者様のベッドサイドにてお薬の説明や質問に答える業務です。
現在服用中の薬や途中で変更になった薬・インスリン等の注射薬・喘息の吸入薬の使用方法・薬における注意点等を患者様にわかりやすく説明することを心がけています。また外来化学療法室においても、化学療法を受ける患者様に対してお薬の説明、副作用の確認等を行っています。医師と看護師と協力し安全な化学療法ができるように努めています。

各種委員会の参加

各種委員会の参加ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡委員会等に薬剤師が所属し、他部門のスタッフと共に週1回病棟をラウンドすることにより情報共有を行っています。それぞれの専門性を活かして患者様の治療をサポートしています。

ページトップへ