薬剤部理念

患者様の立場に立ち、チーム医療の一員として信頼される薬剤師を目指します。

薬剤部方針

  1. 分かりやすい服薬指導を心掛けコンプライアンスの向上に努めます。
  2. 医薬品の適正使用を推進します。
  3. 円満かつ信頼される人間関係を築きます。

薬剤部目標

チーム医療の一員として知識向上のため努力します。

薬剤部の主な業務内容を紹介いたします

内服薬調剤業務

内服薬調剤業務医師よりオーダーされた処方箋に従い、錠剤、散剤、液剤などの調剤を行います。このとき、その薬同士の相互作用が考えられる場合は医師に疑義照会を行います。
また患者様や医師からのご要望に合わせ、より患者様に適した服用方法になるように調剤しています。

注射剤調剤業務

注射剤調剤業務入院されている患者様一人一人に対して、1日分の注射剤セットを調剤しています。このとき、投与量、投与経路、注射剤同士の配合変化などもチェックし、患者様に安全に薬が投与されるように努めています。
無菌室において、中心静脈栄養剤・化学療法に使用する抗がん剤などの調製を行っています。化学療法では、患者様ごとに投与量やスケジュールの管理を行っています。

医薬品情報管理業務(DI)

医薬品情報管理業務(DI)医薬品の情報を収集・整理・保管し、医薬品の適正使用のため医師や看護師に対して相互作用・副作用・配合変化・保存方法などの様々な情報を提供しています。
また日々新しい医薬品が世に出る中、最新情報を得るために、定期的に製薬会社の方を招いて勉強会を行っています。

薬剤管理指導業務

医師から依頼のある入院患者様のベッドサイドにてお薬の説明や質問に答える業務です。患者様が入院時に持参されたお薬などを調べ、今後当院で処方される薬との相互作用がないかをチェックしています。外来化学療法室においても、化学療法を受ける患者様に対してお薬の説明、副作用の確認などを行っています。医師・看護師と協力し安全な化学療法ができるように努めています。

各種委員会への参加

ICT,NSTなどに参加し他部門と情報の共有をしています。

ページトップへ