看護部

栄養部でいろいろ学習

阪和インテリジェント医療センター

阪和第二住吉病院facebookページ

医療と介護の無料相談 菜の花ダイヤル

ケースワーカーや相談員が、医療介護の電話相談を無料でお受けいたします。
お気軽に安心してお電話ください。

0120-787-500

錦秀会グループ各施設の診療科目や診療時間、サービス案内などのお問い合わせを受け付けています。

看護部からのメッセージ


阪和第二住吉病院看護部は大阪住吉区帝塚山の閑静な住宅地にあり、錦秀会の理念「やさしく生命(いのち)をまもる」の下、患者様・利用者様に優しいケアを目指しています。これからも地域の皆様に愛されつづけるよう、職員一同日々研鑽を続けます。

阪和第二住吉病院看護部


先輩看護師からのメッセージ


私は療養型病院に勤務して15年になります。
最初は、高齢者看護はよくわかりませんでした。 ある患者様が寝たきりの状態で入院され、離床を積極的に進めリハビリスタッフと共にチームで看護介入し、その後元気に歩けるようになられ退院されました。その時、看護のやりがいを実感しました。小さな喜びも患者様・ご家族様と共に喜び、少しでも患者様に寄り添えるように努めています。
教育もスタッフ一丸となって取り組んでいます。


看護係長 三原 真知子

当院では多くの高齢者が療養生活を送られています。患者様・ご家族様は様々な思いを抱えていらっしゃいます。看護師として患者様の尊厳を守り、患者様の生活を医療的介入だけではなく、個々の歩んでこられた人生経験を大切に、心遣い・気配りをし「この病院に入院して良かった」と感じて頂ける看護介入を心がけています。
新人指導では、新人看護師の理想と現実のギャップに苦悩している場面も見られますが、一番大切な技術は、患者様・ご家族様から常に学ばせて頂いていることに感謝し、笑顔で優しい声かけで患者様を癒し、丁寧な関わりができるようサポートしています。私自身も、新人看護師の皆さんと共に日々精進していきたいと思っています。


看護主任 池東 サトミ

私は、この看護の仕事が大好きです。これ程までにやりがいと人として成長し続ける仕事はないと思っています。 療養型病院では意志の疎通ができない方が多くいらっしゃいます。常に、私たちの看護の方向性は正しい方向に向いているのか倫理的な問題に悩むこともあります。しかし、医師・看護師・看護補助者・コメディカルが共に、患者様の最善の状態を話し合い、毎日の振り返りを大切にチーム医療が行われています。常に患者様の最善を考えるチームの一員であることに誇りとやり甲斐を感じ働いています。
教育ではナイチンゲールの「他人の感情のただなかにこれ程自身の感情を投入する仕事は看護と教育しかない」という言葉を常に意識し、心に持つようにしています。患者様の感情のそばに寄り添う気持ちを忘れず、もちろんスタッフ教育にも同じ気持ちで取り組んでいます。


看護係長 新谷 久美子

療養型病院である当院の患者様はADL面において全介助を要する方、言葉を話せない方が多く、また、当院で最期の時を迎える方がほとんどです。自分が患者様・ご家族様の立場ならどう感じるかを考え、患者様・ご家族様の思いに寄り添い倫理的配慮を心掛けた看護を大切にしています。
新人教育においても新人看護師の思いや考えを聴く姿勢を大切にしています。日々の看護を振り返り、より良い看護ケアの提供が出来るように、共に学ぶ姿勢を忘れず努力していきたいと思います。


看護主任 林 舞子

新人看護師への声掛けとコミュニケーションを大切にしています。
新人看護師への指導は、「看護者の倫理綱領」に沿って進めていけるように取り組んでいます。そして、新人看護師の個性を大切に、それぞれにあった指導を、病院理念・方針に方向性を向けることを心掛けています。
優しく、思いやりのある看護ができる看護師の育成に努めています。


看護係長 柴中 惠子


忙しい中でも患者様・ご家族様に寄り添い、安心した入院生活を送って頂けるように思いやりの心を大事に看護を提供しています。新人教育では一人の新人看護師に対して一人の指導者がつき、手とり足とり指導が入ります。働きやすい職場作りに取り組んでいます。


看護主任 墨井 はづき

私が看護師を続けている理由はただただこの仕事が大好きであるということです。患者様一人一人、その人が安心して過ごせるよう、何をするべきか常に考えケアを提供するよう心掛けています。それが私のやり甲斐でもあり自慢でもあります。
大変なことも多々ありますがそれ以上に楽しさもあるということを他のスタッフへ伝えなが教育に携わっています。


看護係長 松村 のぶよ

毎日、忙しい中で私が心掛けていることは、「患者様の立場にたって看護をする」ということです。忙しい時こそ忘れないようにしています。
私が新人の時に先輩看護師に納得のできない理不尽な態度を取られたことがあり、嫌な思いをしました。私のような思いを新人看護師がしないように、しっかりと的確な時に理由を伝え新人自身が納得できるような関わりを持てるようにしたいと思います。


看護師 荒木 弥鈴

看護師として、知識や技術も大切ですが相手を思いやる気持ちが重要だと思います。この病院では、言葉でコミュニケーションをとる事のできない患者様が多くいます。その方々が安心して入院生活を送ることができるよう看護をして欲しいと思い指導に携わっています。


看護係長 實野 聡美

私が大切にしていることは自分自身が患者様の気持ちになって感じようとすることです。療養型病院は、患者様が何らかの疾患を抱えながらも人生の最期まで生活される大切な場所です。入院患者様の多くは患った疾患の後遺症などによって基本的欲求を満たすことが困難な状態にあります。そこで私は患者様がこれまでどういった人生を歩んでこられたのかを踏まえ、その方に合った声かけや必要なケアを提供しています。
教育については、それぞれいろいろな感性を持つ看護師がいてよいと思っています。私はとても怖がりで自分に自信が持てるタイプではありません。だからこそ気づき感じ取れることがきっとあるはずだと思っています。ひとりひとりの個性や得意とすることを認め、日々の看護が楽しいと思ってもらえるよう、新人看護師であっても経験のある看護師であっても、一緒に学び、共に育ち続けることを大切にしています。毎日、新しい気づきや学びが増えることがとても嬉しいです。


看護師 西尾 直美

先輩看護師からのメッセージ


幼い頃おばあちゃん子だった私は、気が付けばお年寄り(高齢者)のお世話をしたいと思うようになり、自然な流れでこの仕事につきました。色んな患者様に出会い、身体のケアも心のケアも行っていけるよう日々勉強させて頂いています。


看護補助者 泉野 麻衣子

看護補助者としてこの病院に勤め3年になります。
初めの頃は、高齢者の下着交換や体を拭く等の介護は、腰痛もあり「大変な仕事だ。私には無理かも。」と思いました。しかし、認知症の患者様や体の拘縮が強い患者様、言葉が交わせない患者様に関わっていくうちに、患者様のご家族様から「いつもありがとう。」と言ってもらえるようになり、「介護の仕事は誰かの為に役に立っている、人を支えることにも繋がっているのだ。」と実感するようになりました。今では、患者様の笑顔が見れた時、私の方が元気をもらっています。コミュニケーションがとれる患者様ばかりではありません。自分の意志を伝えることのできない患者様の表情から変化を読み取っていけるよう日々努力しています。やりがいのある介護を一緒にやりましょう!


看護補助者 稲田 治子

いつも優しい笑顔で患者様・ご家族様に対応し、患者様の立場になった気持ちで責任感ある行動を心掛けています。また、向上心を持って、病棟スタッフにも信頼される介護職として仕事に折り組んでいます。


看護補助者 久保田 郁弥

錦秀会系列の病院では資格や経験がなくても最初から丁寧に仕事を教えてくれます。阪和第二住吉病院は寝たきりの患者様が多く、毎日のケアがとても大切になってきます。
会話のできる患者様からは、元気になって頂けるように取り組んでいる私たちが、逆に患者様から元気を頂くことがあります。
患者様からの「ありがとう」の言葉で仕事が頑張れます。
介護の仕事は体力もいりますし、覚えることもたくさんありますが、とてもやりがいのある仕事だと思います。


看護補助者 橋 蘭代

入職前はすごく不安がありましたが、先輩が親切に教えてくれる環境と定期的な研修もあった為、すぐに職場になじむことができました。大変なことも多い職場ですが、患者様の笑顔や「ありがとう」の言葉で頑張ることができます。職場の方も色々な年代の方がいて、相談にも親身になって聞いてくれる親しみのある職場です。


看護補助者 木村 美幸

当院は寝たきりで自分の意志を伝えられない患者様が多くいらっしゃいます。そのような患者様の気持ちになり、何をしなければならないか、自分ならどうして欲しいかをいつも考えながら、錦秀会の理念である「やさしく命を守る」ケアを心掛けています。
私は錦秀会に長く勤めていますが、職員みんなが明るく、看護師・看護補助者が共に協力し合い働きやすい職場です。これからもチームワークを大切に、患者様・ご家族様のみではなく、スタッフ間でも信頼できる看護補助者として介護を提供していきたいです。


看護補助者 廣田 真奈美