看護部

栄養部でいろいろ学習

阪和インテリジェント医療センター

阪和第二住吉病院facebookページ

医療と介護の無料相談 菜の花ダイヤル

ケースワーカーや相談員が、医療介護の電話相談を無料でお受けいたします。
お気軽に安心してお電話ください。

0120-787-500

錦秀会グループ各施設の診療科目や診療時間、サービス案内などのお問い合わせを受け付けています。

看護部からのメッセージ


阪和第二住吉病院看護部は大阪住吉区帝塚山の閑静な住宅地にあり、錦秀会の理念「やさしく生命(いのち)をまもる」の下、患者様・利用者様に優しいケアを目指しています。これからも地域の皆様に愛されつづけるよう、職員一同日々研鑽を続けます。

阪和第二住吉病院看護部


先輩看護師からのメッセージ

新人さんへの声掛けとコミュニケーションを大切にしています。
新人指導は、「看護者の倫理綱領」に沿って進めていけるように取り組んでいます。そして、新人さんの個性を大切に、それぞれにあった指導を、病院理念・方針に方向性を向けることを心掛けています。
優しく、思いやりのある看護ができる看護師の育成に努めています。


看護係長 柴中 惠子
新人さんには、「心のある看護」「あたたかい看護」ができる看護師になってもらいたいと思い教育に携わっています。
精神面で辛くなった時には、全力で支えていきます。
小さな力であっても新人も他のスタッフも全員が同じ方向性を向いて看護ができる様に、病棟責任者としてしっかりと引っ張っていきます。


看護係長 三原 真知子
私は、この看護の仕事が大好きです。これ程までにやりがいと人として成長し続ける仕事はないと思っています。
今までの看護師経験の中で、色んな悩みや辛さも乗り越えられたからこそ、そう言えるのかもしれません。新人の時は、よくミスをし毎日のように離職を考え泣いたものです。しかし、その辛さ以上に患者さんの笑顔が私を支えてくれました。そしてそこには先輩たちの患者さんに対する情熱が、いつもありました。
医療に限界はありますが、看護・介護に限界はありません。患者さんに寄り添う気持ちや情熱そのものは限界なんてものはないのです。「他人の感情のただなかにこれ程自身の感情を投入する仕事は看護と教育しかない」とナイチンゲールは言っています。この言葉を常に心に持つようにしています。患者さんの感情のそばに寄り添う気持ちを忘れず、もちろんスタッフ教育にも同じ気持ちで取り組んでいます。


看護係長 新谷 久美子
私の目指す看護師像は、偉大なるナイチンゲールです。
人生の最期をこの病院で迎えることが多い現場で、コミュニケーションがとれる患者様も少ない中、カルテやご家族様から患者様の人生を考えます。「最期は決して一人ではない」と日々寄り添いながら、この病院に入院して良かったと感じてもらえるような看護介入を心掛けています。
新人指導では、患者様の尊厳を守る関わりを大切にしています。それは、何より私たちの笑顔と優しい声は、患者様の心を和ませ、心を癒す一番の技術だと思うからです。
新たな看護職員とともに私自身も共に成長していきたいと思っています。


看護主任 池東 サトミ
いかなる身体レベルの患者様であっても、家族様との関わりの中でその方らしく存在することができることを意識してコミュニケーションを図っています。
患者様には、私には知りえない「恐怖」が存在するのではないかと思います。その苦しみ、悲しみ、恐怖から、少しでも抜け出せるように、日常の場面で喜びを家族様と共に感じれるように支援することを心掛けて看護をしています。


看護師 土井 泰子
毎日、忙しい中で私が心掛けていることは、「患者様の立場にたって看護をする」ということです。忙しい時こそ忘れないようにしています。 私は、今年4年目になり教育委員となりました。教育される側から教育する側になることで大切にしたいことがあります。
私が新人の時に先輩看護師に納得のできない理不尽な態度を取られたことがあり、嫌な思いをしました。私のような思いを新人がしないように、しっかり理由を伝え新人自身が納得できるような関わりを持てるようにしたいと思います。


看護師 荒木 弥鈴