看護部

栄養部でいろいろ学習

阪和インテリジェント医療センター

阪和第二住吉病院facebookページ

医療と介護の無料相談 菜の花ダイヤル

ケースワーカーや相談員が、医療介護の電話相談を無料でお受けいたします。
お気軽に安心してお電話ください。

0120-787-500

錦秀会グループ各施設の診療科目や診療時間、サービス案内などのお問い合わせを受け付けています。



はじめに

病気にかかると体力が衰えるだけでなく、気力も弱くなってきます。その上入院となると、住みなれた家を離れて病院という特殊な環境の中での生活となりますので、いろいろな問題や悩みが生じてくるものと思います。私どもの病院ではそれらの問題に対処し、患者様やご家族の方々の心配や不安をできるだけ少なくしたいと考えています。ここに書かれていることをお読みになって、疑問点やご質問あるいはご意見があれば、ご遠慮なく病院職員にお申し出ください。

1.病状と治療方針の説明(インフォームドコンセント)について

各患者様の病状やそれに適した治療方針をご本人やご家族の方に分かりやすく説明する努力をいたしております。主として主治医がその説明にあたります。治療は患者様やご家族様のご希望を可能な限り尊重して行います。診療は患者様と医師の相互理解が不十分ですとうまく行きません。疑問等あれば、ご理解が得られるまで十分にお尋ねください。

2.病院の性格

当病院は、主としてご高齢の慢性疾患(安定期)の患者様が、「看護・介護」を中心に入院していただく病院です。もし、ご入院中に急性期治療や専門的治療が必要であると判断された場合、適切な医療機関に転院していただきます。転院先についてはご相談させていただきますので、宜しくお願い致します。

3.生活環境の変化(入院)が与える影響

ご高齢者は環境の変化(入院)に大変影響されやすいものです。慣れるのに時間がかかります。またご家族の方たちのご心配が、かえって患者様に大きく影響することもあります。そのため精神的に不安定になることもあります。病院生活に慣れると心身も落ち着いてこられますが、ご家族の方々が頻繁に訪問され、慰めや励ましをされることが役立ちます。ご高齢者の治療と看護には愛情が大切であり、特にご家族の役割が大きいものです。

4.入院療養生活について

ご高齢者の治療・看護等の最大の目的は自立支援、すなわち自分の生活は自分の意志と行動で行えるようにすることです。自分で歩けることが生きている喜びであり、病状が許される限りそれらを目標とした毎日の訓練が必要不可欠であります。また、清潔で快適な入院生活を送っていただくためにも入浴や散歩等のご自宅と変わりのない生活をしていただきます。しかし、これら入院療養生活の中でも予測不可能な転倒等のリスクが伴います。職員は常にこれらのリスクを最小限にするため、対策や防止に努力しておりますので、ご理解いただきたく存じます。

5.感染症について

病院は一般社会よりも感染症の方が多い所です。特にご高齢者は感染に対する抵抗力が弱く、肺炎などの感染症にかかりやすいものです。病院では感染防止委員会を設置し患者様の安全管理に努めていますが、感染症の種類によっては伝染を防ぐため、転棟、転室などをお願いすることがあります。その際には主治医の変更もありえますので、ご理解とご協力をお願い致します。

6.贈り物はご遠慮ください。

感謝のお言葉は病院職員にとって何よりの励みになります。もしご満足いただければ、是非その旨お伝え下さい。