医療法人錦秀会 阪和記念病院

心筋炎について

心膜心筋炎 Perimyocarditis

心膜心筋炎

急性心筋炎・急性心膜炎とは何ですか?

いままで元気な人が最初は風邪のような症状で始まり、突然心不全を起こして最悪の場合、死亡するといったことがまれにあります。そうした突然死の原因の一つに急性心筋炎があります。
急性心筋炎は、心臓を動かしている筋肉にウイルスが感染して炎症を起こす病気です。典型的な経過は、かぜ様症状から始まり心不全・不整脈・ショック症状に至りますが、発見しづらく対処が遅れることもあります。心筋炎の中には死に至るほど急激な病状を示すものがあり、「劇症型心筋炎」と呼ばれています。
もう一つの病気として急性心膜炎があります。心膜炎は、心臓を包んでいる心膜に炎症が起こる病気です。心膜炎になると、胸痛が起こるとともに心膜液が増加して心臓の動きに障害を与えます。急性心膜炎と心筋炎が合併することもあります。

どのような原因で起きるのですか?

『原因となるウイルス は 風邪ウイルスと同じ』
急性心筋炎、心膜炎を引き起こす原因としてウイルス、細菌、真菌、薬物、アレルギーなど数多くありますが、急性心筋炎、心膜炎の原因となるウイルスは風邪などを引き起こすウイルスと同じことが多く、最初は喉の痛み、咳、発熱、筋肉痛、全身のだるさ、胃のむかつきなど消化器症状がみられます。
急性心筋炎の臨床症状は無症状のものから炎症症状、心不全症状を伴うものまでさまざまです。
劇症型心筋炎の場合は、かぜ症状から一転 して手足が冷たくなるとか、言いようのない体のだるさに襲われるとか、不整脈が現れ、極端な例では失神するとか、呼吸困難に陥るといった急性心不全病状へと変化します。

放置するとどうなりますか?

心筋細胞は現時点では再生できない細胞といわれています。炎症によって心筋壊死が広がると心臓が不可逆的なダメージを受けます。心収縮力低下という機能的障害が起こり、不整脈による突然死を合併する事があります。また急性心筋炎が治癒した後にも心筋のダメージが残って、慢性心不全に至る場合もあります。

どのように診断しますか?

診察所見に加えて以下の検査を組み合わせて診断の確定、心筋炎の同定を行い、治療方針や今後の経過予測をします。

どのように治療しますか?

心筋炎は無症状から突然死まで幅広い病像を示すとされるが基本的には以下の治療を行います。

  1. 原因の同定とそれに対する治療
  2. 病態の把握と心不全、不整脈、ショックなどに対する循環管理
  3. 心機能抑制に対する治療

風邪でも胸に異常を感じたら早期に受診してください。

『 風邪は万病のもと 』
風邪症状を軽く考えてはいけません。この病気は子どもから高齢者まで、誰でも罹る可能性があります。風邪症状から胸の異常を感じたら早期に医療機関に受診してください。

劇症型心筋炎

劇症型心筋炎

心筋炎とは

心筋炎とは、心臓を構成する心筋組織に炎症が起こった状態を言います。
このために心臓の働きが低下し、心臓から送り出される血液量が減少して血圧も低下します。心臓のリズムが乱れて突然死することもあります。
劇症型心筋炎とはこのような状態が著しく重症でショックを引き起こし、生命の危険がある状態です。

原因

心筋炎の原因は細菌、真菌やウイルス、アレルギー性、血管炎や原因不明などさまざまです。

検査

原因によって治療の仕方が異なるので、ウイルス抗体値の検査や筋組織を採取して病理学的検査が必要です。(文献参照)

心筋組織の病理学的検査(巨細胞性心筋炎の症例)
写真:心筋組織の病理学的検査(巨細胞性心筋炎の症例)
広範囲な心筋壊死、細胞炎症と多核巨細胞(矢印)を認める。

心筋組織の病理学的検査(心サルコイドーシスの症例)
写真:心筋組織の病理学的検査(心サルコイドーシスの症例)
非壊死性肉芽腫性炎症(矢印)とまだらな線維化を認める。

治療

劇症型心筋症は、生命の脅かす緊急事態です。
第一に救命措置を行いながら、検査・診断を確定し、本格的な治療に入るという段取りを急がなければなりません。
大事なのは心臓のポンプとしての働きを支え、不整脈などを防止するための薬物療法を行います。
心臓のリズム障害に対して薬物が効かない場合には、対外式ペースメーカーを一時的に入れることがあります。
危機を乗り切るために、自己の心機能が回復するまでの間、心臓のポンプ機能や肺機能を代行・補助するために、補助循環を用いて心機能の回復を待つ事もあります。
同時に原因が分かれば、それぞれに対して治療を行います。
アレルギー性のものや血管炎に由来するものの場合にはステロイドホルモン製剤が用いられます。
感染によるものでは抗生物質や抗ウイルス薬が試みられます。

参考文献

Gupta S, Markham DW, Drazner MH, et al. Fulminant myocarditis. Nat Clin Pract Cardiovasc Med 2008;5:693-706.;