医療法人錦秀会 阪和記念病院

脳卒中センター

脳卒中センターからのご挨拶

阪和記念病院は昭和53年9月に当時、搬送先が著しく不足していた急性期脳疾患診療を目的として設立され、主に脳卒中や頭部外傷などの治療に関わってまいりました。
研究部門まで備えた脳専門の民間施設は当時まだ珍しく、全国から多数の見学者が訪れて下さいました。時が移り、特に診療の中心となっていた脳卒中には、開頭術以外にも血管内手術などが導入され治療は大きく変貌しました。
とりわけ、超急性期からのリハビリテーションの有効性が証明されて治療介入の大きな柱となっております。
そのためもあって急性期から地域連携活動を通した社会復帰まで途絶えることのない一貫した治療が必要となりました。患者さんが居住する地域で発病直後から高度な治療を受けられ、またその地域でリハビリテーションを続行して社会復帰・家庭内復帰ができれば理想的でしょう。

藤田敏晃
脳卒中センター長
脳神経血管内治療学会専門医
西野鏡雄

阪和記念病院は歴史的に脳卒中に深く関わってまいりましたので今更脳卒中センターの名乗りを上げることもないともおもいましたが、すでに平成17年7月には脊椎・脊髄センターが、平成24年4月には心臓血管センターが創設されており、脳卒中研究・診療の停滞を懸念して院内外での活性化を再び促すため脳卒中センターをあえて発足させました。

 

 当脳卒中センターは急性期脳卒中患者に対し関係部署(脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、看護部、薬剤部、栄養部、医療福祉相談室)が互いの診療領域の垣根を取り払ってチーム医療を行っています。脳卒中の専門医が24時間365日常駐し治療を行える体制を整えております。