診療科のご案内

トップページ > 診療科のご案内 > 診療科目一覧リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科

高齢化社会が進み、寝たきりや認知症の人が増加しています。それに伴い、風邪などをきっかけに「寝かせきり」から「寝たきり」になってしまう廃用症候群が、社会的な問題となっています。

また、加齢と共に認知や運動の面だけでなく、食べ物を飲み込む嚥下機能も低下し、誤嚥性肺炎をおこす高齢者も少なくありません。廃用症候群に対しては、日常的に身体を動かして筋肉や関節が固まってしまわないよう動作練習を行う必要があります。

当院では、入院患者さんを中心に生活の自立を援助し、身体面だけでなく精神的・社会的な活動性を向上させるリハビリを目指しています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が看護師や介護職とチームとなってご家族と連携し、患者さん一人ひとりに合わせたプログラムを提供し、より人間性豊かな生活を送れるよう援助していきます。

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ