診療科のご案内

トップページ > 診療科のご案内 > 診療科目一覧整形外科

整形外科

整形外科

当院整形外科では開院当初から骨粗鬆症に力を入れ、骨塩定量による診断を基本としています。現在常勤医師は2名で外来診療は、月曜日、水曜日、金曜日の午前中となっています。頸椎症、腰部脊柱管狭窄症や変形性膝関節症、脊椎圧迫骨折などの症状をお持ちの方方に多くご利用いただいています。治療については内服薬や注射、ギプス固定、リハビリテーションなど「保存的」(できるだけ手術などを行わずご本人の体の状態を平衡に保つ治療方法)な治療を主に実施しています。必要時には、入院治療も行います。(指定病床数は約30床)

来院は主に近隣に在住、又は老人ホーム入所の皆様で、肩こりや四肢のしびれや疼痛を訴え、あるいは歩行障害などのため、外来診療として利用いただいております。治療に当たっては診断のために、X線検査、MRI(磁気共鳴装置)、CT(コンピューター断層撮影)、骨塩定量装置や骨シンチなどを使用します。その他、内服薬投与、関節内注射、ギプス固定やリハビリテーションも必要に応じて実施します。

入院に関しては大腿骨頚部骨折や転子部骨折のケースが多く、一方、脊椎圧迫骨折についてはできるだけ「保存的」に治療しています。

手術的治療についてはご老人の骨折が多くを占め、切断手術を行う場合もあります。保存的治療として主にリハビリテーションを使います。

このたび、手術台や照明器具、X線透視装置(Biplanar 500e)などのに設備も一新し、患者様、利用者様が快適に治療を受けおすごしいただけるように努めています。

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ