各部門のご紹介

トップページ > 各部門のご紹介 > 各部門一覧リハビリテーション部

リハビリテーション部

阪和第二泉北病院施設基準:運動器(Ⅰ)・脳血管等(Ⅰ)・呼吸器(Ⅰ)
療法区分:PT・OT・ST
阪和第二泉北病院のリハビリテーション部には約60名のスタッフ(理学療法士〈PT〉・作業療法士〈OT〉・言語聴覚士〈ST〉・マッサージ師・事務員)が所属しています。

リハビリテーション部

リハビリテーション部

阪和第二泉北病院のリハビリテーションの特徴

阪和第二泉北病院リハビリテーション部では、患者様お一人お一人に「その人らしい日常生活」を送っていただくことを目標に、その方の潜在能力を最大限に活かしたリハビリテーションサービスを提供しています。

医療療養病棟におけるリハビリテーション

 可能な限りの機能改善を図りながら、看護・介護スタッフなど他職種と協力し、安楽な療養生活が送れるように支援しています。

座る

座る

できるだけ早く離床を図り、廃用症候群の予防に努めています。
また、生活リズムの獲得・生活範囲の拡大のためにも離床機会の増加に取り組んでいます。

食事

食事

患者様の要望を尊重し、安全に口から食事摂取していただくことを目標にしています。
また、食事の時間はできる限りベッドを離れて食堂を利用して頂いています。

排泄

排泄

排泄動作の評価を行い、トイレでの排泄を支援しています。
安全で快適に排泄して頂くために、動作練習の他に介助方法の検討や病棟スタッフへの指導・環境設定などを積極的に行っています。

楽しむ

楽しむ

各病棟でのレクレーションやA棟リハビリ室でのカラオケなど、患者様に楽しく過ごして頂ける機会を提供しています。

一般病棟におけるリハビリテーション

一般病棟におけるリハビリテーション

患者様の病態に応じて早期から離床を行い、可能な限りの機能改善を図っています。また、より安全に入院生活を送って頂くために、動作練習や環境設定などを行っています。

人工関節専門病棟におけるリハビリテーション

人工関節専門病棟におけるリハビリテーション

  • 術後早期に離床を図ることで、合併症の予防に努めています。
  • 痛みを軽減し、関節機能の向上を図りながら、歩行など動作能力の獲得、活動範囲の拡大など生活機能の向上に努めています.
  • 満足した生活が送れるような状態での退院を目指しています。

人工関節専門病棟におけるリハビリテーションの詳細

緩和ケア病棟におけるリハビリテーション

緩和ケア病棟におけるリハビリテーション

疼痛や倦怠感などさまざまな身体的・精神的苦痛を和らげ、在宅に近い状況で充実した生活をして頂くことを目標にしています。そのために、リラクセーションや日常生活動作練習、環境設定などを行っています。

パーキンソン病に対するリハビリテーション

緩和ケア病棟におけるリハビリテーション

当院では、パーキンソン患者様のリハビリテーション 目的での入院を受け入れております。
入院期間は4週間程度を予定し、入院後2,3日かけ て詳細な評価を行い、自宅での生活の改善につながる 質の高いオーダーメイドの個別リハビリテーションを 実施しています。

パーキンソン病の短期集中リハビリテーション入院プログラムの詳細

【教育活動】

  • 院内研修会や部内勉強会により、スタッフの知識・技術の向上に取り組んでいます
  • 全国学会や大阪府内における学会発表も毎年積極的に行っています
  • 提携を結んでいる2大学(大阪保健医療大学・森ノ宮医療大学)をはじめ、いくつかの学校から多くの実習生を受け入れています(年間のべ約300名)

教育活動

教育活動

錦秀会グループスタッフ募集

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ