各部門のご紹介

トップページ > 各部門のご紹介 > 各部門一覧薬剤部

薬剤部

薬剤部

薬剤部理念

患者様の立場に立ち、チーム医療の一員として信頼される薬剤師を目指します。

薬剤部方針

  • 1. わかりやすい服薬指導を心掛けコンプライアンスの向上に努めます。
  • 2. 医薬品の適正使用を推進します。
  • 3. 円満かつ信頼される人間関係を築きます。

薬剤部目標

チーム医療の一員として、知識向上の為努力します。

薬剤部の業務

内服調剤

【内服調剤】

医師よりオーダーされた処方箋に従い、錠剤、散剤、液剤などの調剤を行います。

お薬を適性に使用して頂けるよう、処方内容に疑義が生じた場合には医師に疑義照会を行います。

注射調剤

【注射調剤】

併用薬剤や投与速度、投与量の確認、配合変化等を確認しながら、患者さま1回施行分毎にセットを行っています。

また、高カロリー輸液の無菌調整も行っています。

医薬情報管理業務

【医薬情報管理業務】

医薬品の情報を収集・整理・保管し、DIニュースを発行し、医薬品の適性使用のため医師や看護師等医療スタッフに対して、相互作用・副作用・配合変化・保存方法などの様々な情報を提供しています。

医薬品製造業務

【医薬品製造業務】

阪和インテリジェントメディカルセンター(HIMC)のホットラボ室では、薬剤師がPET検査に用いる短寿命放射性注射剤の製造及び管理をしています。また、専任の薬剤師が新規PET用イメージング薬剤開発に向け、日々研究を行っています。

【薬剤管理指導業務】

入院患者様が薬物療法を安心して受けることが出来るように、医師の依頼に基づき、お薬の効能・効果や副作用などについて説明を行っています。また院内各部署に配置されている医薬品が適切に保管・管理されるように点検を実施しています。

【医療安全活動】

当院では、薬剤師が医薬品安全管理責任者として、医療安全管理室のワーキング等の活動に参加し、院内における医薬品の安全確保に取り組んでいます。

【チーム医療への参加】

感染制御チームや栄養サポートチーム、緩和ケアチームの一員として、カンファレンス、回診、ラウンド等の活動に参加しています。

感染制御チーム

感染制御チーム

月2回、医師、看護師、臨床検査技師と共にカンファレンスと病棟ラウンドを行い、感染症、抗菌薬使用状況などの情報交換や、必要時には現場への指導・介入を行います。担当薬剤師は、抗菌薬使用状況の把握と適性使用の推進などを行っています。また、バンコマイシン、テイコプラニンを投薬時にはTDM解析を実施し、医師へ情報をフィードバックします。

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

医師、薬剤師、看護師、栄養士からなる栄養サポートチーム(NST)は、全ての治療の根幹となる栄養療法を担っており、施設の大小を問わずその必要性が認められています。各分野の専門家がそれぞれの専門知識を提供し、患者様にとって最適な栄養療法を検討しています。その中で薬剤師は薬物療法の専門家として、投薬による副作用の有無や、静脈栄養や経管栄養等様々な知識を提供し、患者様の栄養状態改善に日々取り組んでいます。当院では月2回のNST回診と、月1回のカンファレンスを実施しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケア病棟では多職種からなるチームで患者さまへのケアに当たっています。薬剤師の関わりとして、服薬指導、採用薬の検討、麻薬の適正使用の為のツールの作成、患者さまへの啓発資料の作成などがあります。回診の際にはチームの全職種が、新入院の患者さまに自己紹介を兼ねてご挨拶をすることで、新しい環境やこれからの生活に不安を感じられているであろう患者さまをみんなでサポートするという姿勢を示します。

【教育活動】

薬学部学生の長期実務実習を受け入れ、学生教育に取り組んでいます。

錦秀会グループスタッフ募集

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ