当院について

トップページ > 当院について > 概要・サービスのご案内

概要・サービスのご案内

外観

阪和第二泉北病院の概要について

開設者 医療法人錦秀会
大阪市住吉区南住吉三丁目3番7号
理事長 籔本 雅巳
医療機関名 医療法人錦秀会阪和第二泉北病院
所在地 大阪府堺市中区深井北町3176番地
病院長 守口 篤
電話番号 072-277-1401
FAX 072-278-5130
病床数 一般病棟94床、緩和ケア病棟21床
障害者施設等一般病棟120床、医療型療養病棟734床計969床
建物の概要 A棟、B棟、C棟、阪和インテリジェント医療センター
医療法人錦秀会研修センター
附属施設 : 錦秀会附属准看護学院、陵南保育所、職員寮グリーンエイジ

看護体制

 一般病棟は看護職員の実質配置15対1、看護補助者の配置30対1(一般病棟入院基本料15対1、看護配置加算、看護補助加算Ⅰの施設基準を届出)24時間を通じて1日平均患者様15人に対して1人以上の看護職員(看護師比率70%以上)、30人に対して1人以上の看護補助職員が配置されています。

 緩和ケア病棟は看護職員の実質配置7対1、(緩和ケア病棟入院基本料の施設基準を届出)24時間を通じて1日平均患者様7人に対して1人以上の看護職員が配置されています。

看護職員

 障害者施設等一般病棟は看護職員の実質配置13対1、看護補助者の配置50対1(障害者施設等入院基本料13対1、看護補助加算2の施設基準を届出)24時間を通じて1日平均患者様13人に対して1人以上の看護職員(看護師比率70%以上)、50人に対して1人以上の看護補助職員が配置されています。

 療養病棟(医療保険適用病棟)は看護職員の実質配置20対1、介護職員の実質配置20対1、(療養病棟入院基本料Ⅰの施設基準を届出)24時間を通じて1日平均患者様20人に対して1人以上の看護職員、20人に対して1人以上の介護職員が配置されています。

夜間勤務等看護体制

一般病棟、緩和ケア病棟

夜間帯には毎日各病棟2名以上の看護職員が勤務しています。

障害者施設等一般病棟

夜間帯には毎日各病棟2名以上の看護職員、看護補助者1名以上が勤務しています。

療養病棟

夜間帯には毎日2名又は1名以上の看護職員、1名以上の看護補助者が勤務しています。

※療養病棟の看護職員については、病棟の病床数と医療区分2.3の割合によって、
2人の病棟と1人の病棟がございます。(詳しくは下記の「入院基本料の詳細はこちら」を参照下さい)

入院基本料について

療養環境

当院では、一般病棟「療養環境加算」、療養病棟「療養病棟療養環境加算1又は2」の施設基準の届出を行っています。

・ 当院の病室は全て4床以下となっております。
・ 当院の病室は、入院患者様1名あたり6.4m²以上となっています。
・ 病室に隣接する廊下の幅は片廊下で1.8m、中廊下で2.7m以上となっています。
・ 当院の機能訓練室(リハビリ室)の床面積は40m²以上となっています
・ 当院の病棟には、患者様1人あたり1m²以上(内法)の食堂兼談話室を設けております。
・ 当院の病棟には、体の不自由な患者様の利用に適した浴室を設けております。

食事

当院では「入院時食事療養Ⅰ」「入院時生活療養Ⅰ」施設基準を届出しており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食は18:00以降)適温で提供しています。

施設基準一覧

診療報酬の算定に基づく近畿厚生局への届出については、下記のとおりとなっています。

施設基準の詳細はこちら

診療費の負担金以外にご負担が必要になってくる項目

保険外負担金の詳細はこちら

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ