当院について

トップページ > 当院について > 院長のごあいさつ

院長のごあいさつ

「やさしく“生命”をまもる」

守口 篤

 医療法人錦秀会「阪和第二泉北病院」は昭和55年11月の開院以来、四半世紀にわたって地域の高齢患者様に対する医療・福祉サービスを継続して行ってまいりました。この間、医療保険制度の改革や介護保険制度の開始などさまざまな医療福祉政策の変遷がありましたが、常に質の高い高齢者医療をめざし職員一同努力してまいりました。平成16年10月には日本医療機能評価機構の認定も受け、平成26年には2度目の更新となりました。

 一般病床(39床)、地域包括ケア病床(55床)、緩和ケア(ホスピス)病床(21床)、障害者施設等一般病棟(120床)、医療型療養病床(734床)、職員数約900名を有する大規模なケアミックス型の病院として、今後も地域の医療機関、介護施設等と密接な連携を取りながらご高齢の患者様ならびにご家族の皆様の信頼にたる病院づくりを心がけていきたいと思っております。

 平成18年に開設されました併設の阪和インテリジェント医療センター(HIMC)ではPETによるがん健診受診者数が毎月400名以上となりました。今後も最新鋭の診断装置を利用して「がん」の早期発見、診断を行い、皆様の健康増進のお手伝いをさせて頂く所存です。

 予防医学、急性期治療、慢性期療養、終末期医療と幅広い分野で、「やさしく生命(いのち)を守る」という法人理念の実践を心がけてまいりますので、これからもどうかみなさまの暖かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

病院理念

医療法人錦秀会の「やさしく生命(いのち)をまもる」の基本理念に基づき、

1.自立支援、在宅復帰に向けたチーム医療を目指します。
2.安心、安全な医療・福祉サービスを目指します。
3.信頼いただける医療サービスの実践のため、自己研鑽します。

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ