当院について

トップページ > 当院について > 施設案内緩和ケア病棟について

緩和ケア病棟について

緩和ケア(ホスピス)病棟とは

治療の甲斐なく病気が進行してゆく患者様に病気を治す治療の代わりに病気に伴う痛みをはじめとする身体のつらさ、気持ちのつらさを和らげ、 患者様とご家族とともに生命の意義を考えつつ、最期までその人らしく尊厳をもって有意義に生き抜くことができるように援助していくことが目的です。

院長(守口 篤)外科部長(尾﨑 公俊)

緩和ケア病棟

ドクター診療スケジュール

ホスピス外来
時間帯
午後

(予約制)

山田

(予約制)

(予約制)

尾﨑

※月曜、火曜、金曜共に予約制となっております。詳しくは医療相談室までお問合わせ下さい。  

【ホスピス病棟への入院の流れ】

入院前にホスピス面談(予約制)をさせていただきます。ホスピス面談では、診療情報提供書をご持参いただき、ご病状についておうかがいしながら、病棟のご案内をさせていただきます。詳しくは医療福祉相談室までお問い合わせ下さい。

TEL 072-277-1401(代)
【面談担当医】尾﨑公俊Dr. 山田博生Dr. 楠洋子Dr.

インフォメーション

現代の医学では治療不可能な患者様に、充実した最期を送っていただきたい。
緩和ケア病棟はそのための医療を展開する病棟です。
日本ではまだ少ないですが、患者様個人の意志に耳を傾け、人権を尊重する医療の象徴として、これからも増えゆくことでしょう。
阪和第二泉北病院では、高齢者医療で培ったチーム医療のノウハウを活かし、素晴らしい緩和ケアを提供できるよう、努力を続けていきます。

【食堂談話室】

【食堂談話室】

【洗面・洗濯室】

【洗面・洗濯室】

【調理室】

【調理室】

【面談室】

【面談室】

病室

患者様が日々を過ごす病室は、ニーズに合わせて様々なタイプをご用意しております。
全て広々と明るい空間となるよう心がけています。
個室には和室もご用意致しておりますので、患者様のお好みに合わせて選んでいただけます。

【個室(洋室)】

【個室(洋室)】

【個室(和室)】

【個室(和室)】

【三人室】

【三人室】

【家族控え室】

【家族控え室】

【特別室】

【特別室】

【特別室】

【特別室】

【浴室】

【浴室】

【機械浴室】

【機械浴室】

【施設案内図】

施設案内図

ご家族の方が宿泊、食事、洗濯などしていただけるよう設備を整えています。
自宅で可愛がっておられたペットに関しても、他の患者様に御迷惑がかからない様であれば、お連れいただくことができます。

緩和ケア

緩和ケア

緩和ケア

緩和ケア

段緩和ケア(ホスピス)病棟 どんな人が利用されていますか?
当病棟では、末期がんの方のみ利用されています。当病院はいわゆる老人病院ですが、ホスピス病棟に関しては、高齢者の方のみの御利用ではありません。
病名を知らされていないと入院できませんか?
病名を知っている事が望ましいのですが、知らなくても入院できます。ただし、入院後に患者様本人から尋ねられれば、病名や病状について正確に説明いたします。
入院費用は実費なのですか。健康保険は使えるのですか。
基本的には各種医療保険の適応となります。詳しくはケースワーカーにお尋ねください。

〒599-8271 堺市中区深井北町3176番地  TEL 072-277-1401(代)

ご相談窓口 医療福祉相談室 
hanwasenboku2cw@kinshukai.or.jp

阪和第二泉北病院の仕事

安心をささえるやさしい看護 看護部のご紹介

安心をささえるやさしい看護 薬剤部のご紹介

自立支援、生活支援にリハビリテーション部のご紹介

各部門のご紹介はこちら

当院の施設について

最高の時を患者様に 緩和ケア病棟

その関節の痛み、あきらめていませんか? 人工関節センター

最新のPET/CT検査でハイクオリティー&スピーディ HIMC

ページトップ