阪和第一泉北病院
院長  東森 浩一

 阪和第一泉北病院は、医療法人錦秀会の理念「やさしく生命をまもる」のもと、「患者様・ご家族様への安心」を運営の第一方針にした長期療養型の病院です。小谷城址に位置し、海抜80mの高台にあり、泉北地域を眺望できる、風光明媚、静寂なすばらしい環境にございます。

 病院の機能としては、外来部門と入院部門(療養型病床1,024床)があり施設内には通所リハビリセンター、居宅支援センター、隣接施設にはグループホーム清泉もございます。

 運用はISO9001の高度な業務水準の下、多職種間の活発なカンファレンスを土台にして行なわれています。充実した各種研修会も行なっております。

  さらに、院内公園には宗旨・宗派に拘わらずお参りいただけるよう、お堂を建立し心のケアーをさせていただいています。
車椅子ご利用の方、階段の昇降に不自由を感じられている方々にご利用いただけるゴンドラの設置も自慢の一つです。

 当院は、常に地域と密接した病院でありたいと念じています。必要に応じて錦秀会グループの他の医療機関・福祉施設のみならず、地域の様々な医療機関の先生方とも密接に連携を図り患者様・ご家族様に安心していただける、質の高いサ−ビスを提供できるよう努力を重ねています。

  今後とも、皆様のご指導のほど、よろしくお願いいたします。

 

Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved