生のものは水質や環境などにより黒・灰色のものもありますが、養殖のものは『あおて』と言って青色のものが軟らかくておいしいと言われています。天然のもの茶色をしていて、光沢があり身が張っているものがおいしいと言われています。

大きすぎると大味になってしまうので、150gぐらいが最適です。
蒲焼は冷凍保存が可能ですが、脂質の酸化も考慮して1ヶ月以内に食べるようにしましょう。

 

夏はうなぎが出回る季節!でも自宅でうなぎをさばいて調理するとなると大変ですよね。
そこで、市販の蒲焼を自宅でもおいしく食べるコツを紹介します。


市販の蒲焼で簡単うなぎ丼

材料

うなぎ蒲焼

ご飯

蒲焼のタレ

山椒

木の芽

 

1/2尾

200g

5g

少々

1枚

 

 




  1. 市販のうなぎの蒲焼は大きければ半分に切ります。
  2. アルミホイルにうなぎの蒲焼の皮を下にしてオーブントースターで数分軽く焦げ目がつくくらい焼き、タレをつけます。
  3. 炊き立てのご飯にうなぎを乗せ、好みで上から山椒を振りかけます。
  4. 上に木の芽をかざります。

☆市販の蒲焼も一手間加えるだけでとってもおいしく食べることが出来ますよ☆

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved