美容と健康を保つ為、日々の食事はバランスよく食べないといけません。特に便秘がちな方は、日々の食生活に食物繊維が不足している可能性があります。食物繊維の種類や働きを知り、毎日スッキリ快便を目指しましょう。



食物繊維の種類

 食物繊維は水に溶け易い水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維があります。
  水溶性食物繊維には、ペクチン(野菜・果物)・マンナン(こんにゃく)・リグニン(昆布・若布)があり、不溶性食物繊維にはセルロース(野菜・穀類・豆類)(小麦ふすま)・リグニン(ココア・豆類)・イヌリン(ゴボウ)・キチン&キトサン(エビカニの殻)などがあります。

 

食物繊維の働き

水溶性食物繊維 ・・・

体の中で水分を含み粘りのあるヌルヌルした状態になります。この状態で糖分やコレステロールを包み込み、一度に体内へ吸収されるのを防ぎます。又、保水力がある為、便が軟らかくなり、排便し易くなるので、痔の予防にもなります。

不溶性食物繊維 ・・・

体の中で水分を吸収し、大きく膨張します。この膨張により、満腹感を得られ、ダイエットに有効です。腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促し、便秘の解消につながります。

けいれん性の便秘の方は注意!!

便がコロコロ状の方はけいれん性の便秘の可能性があります。そういう方は不溶性食物繊維を取りすぎると過剰に刺激を受けて下痢を引き起こします。けいれん性や過敏性腸症候群はストレスや心理的なもので起こる場合が多いので、生活の改善をしてみてください。


 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved