あじに含まれる EPA (エイコサペンタエン酸)・ DHA (ドコサヘキサエン酸)には血管を広げる作用があります。
さらに、血中の中性脂肪が高くなるのを抑制し、血管の中を血液が流れやすくして、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧を予防します。また、悪玉コレステロールをへらし、善玉コレステロールを増やす働きもあります。

 

中性脂肪は、エネルギー源になったり、体温を保ったりと体に必要な働きがあります。

中性脂肪が多くなると・・・


 

 
善玉コレステロール( HDL )

余分なコレステロールを血管から肝臓に戻す働きがあり、
コレステロール値を下げます。

悪玉コレステロール( LDL )

コレステロールを血管に運ぶ働きがあり、
動脈硬化を促進する要因になります。

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved