『「痴呆」という用語は侮蔑的表現である上に「痴呆」の実態を正確に表しておらず、早期発見・早期診断等の取り組みの支障となっていることから、できるだけ速やかに変更すべきであり、新たな用語としては、「認知症」が最も適当である。』といった厚生労働省の見解から、平成16年12月24日以降、『認知症』といった用語を用いることとなりました。なお、医学上の用語としては引き続き、『痴呆』が使用される予定であり、運用面において齟齬をきたさないよう留意することとされています。



 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved