脂肪と甘いものを控え、腹八分目

 
 脂肪の多いものや甘いものを沢山食べていると、血管のまわりにコレステロールや中性脂肪が付着し、血管の管が細くなって流れが悪くなり、硬くなることで動脈硬化症を招いてしまいます。動脈硬化症は脳の大きな老化原因となるため、日頃から予防することが肝心です。食べ過ぎに注意し(腹八分目)、三食を規則正しく食べましょう!!

 ※甘いものは栄養素としては炭水化物の仲間ですが、過剰に摂取すると体内で中性脂肪に変身してしまいます。脂肪だけではなく、甘いものにも注意しましょう。