緑黄色野菜を多く食べよう

 緑黄色野菜は老化を早める活性酸素の除去や、造血作用を高めたりとうれしい作用があります。例えば、人参や南瓜にはβ―カロテンやビタミンCがたっぷり含まれていますが、このβ―カロテンは体内でビタミンAにかわるだけでなく、体に有害な活性酸素を除去してくれます。β―カロテンは脂に溶けやすいので、人参や南瓜を油で炒めると吸収率が高まります。その他にも、ほうれん草や小松菜などはビタミンB群の一種の葉酸が豊富です。葉酸は赤血球の生成に必要な栄養素で、不足すると鉄を補っても赤血球が作られず、貧血になる恐れもあります。緑黄色野菜をしっかり摂って血液・血管をきれいにしましょう。
 目標は、一日に120gは摂るようにしましょう!!