妊娠中、とくに意識して摂りたいのが鉄分とカルシウム。 妊娠中は妊娠前の約1,5倍の量が必要です。
 
妊娠中 、鉄分は、赤 ちゃんの血液の原料 として、また分娩時の出血に備 える意味でも必要です。
 
鉄分が不足すると、貧血やめまい、疲れやすいなどの症状 がでます。また、カルシウムは赤 ちゃんの歯や骨を作るのにも欠かせません。不足すると、早産や産後の回復などにも影響してきます。
 
煮物を上手に作るには、 材料により入れるタイミングがあります。
鉄分を多く含む食品を積極的に食べましょう。
 

良質なたんぱく質を含む食品を欠かさず食べましょう。
   
鉄分 、たんぱく質を体内でよりよく吸収するため、ビタミン、ミネラルを多く含む野菜、果物、海草も一緒に食 べましょう。
   
牛乳は、カルシウムをてっとり早くとるには、とても良い食品で、毎日飲むことができるという利点があります。(妊娠中はコップに2〜3杯を目安 に)牛乳の飲めない方は、ヨーグルトで補うのはどうでしょうか?
 

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved