夏場はほうれん草よりもビタミンCが多い!!

キャベツは淡色野菜のわりには、カロテンやビタミンCなどのビタミン類をたくさん含んでいます。また、緑黄色野菜であっても旬を外すとビタミンの含有量は低下します。ほうれん草のビタミンCは夏場には冬場の約1/3になるため、キャベツのビタミンC量の方が、ほうれん草よりも多くなるということになります。

ビタミンCはコラーゲンの合成を盛んにするので、肌に良いだけでなく血管や粘膜や骨を丈夫にします。また、免疫力を高めて風邪をひきにくくしたり、進入してくる微生物から体を守ってくれます。

栄養素の変化としては、千切りにして水にさらすとビタミンCが水に溶け出してしまうという意見もありますが、減少率は20%と低めです。水にさらしてシャキッとさせ、歯ごたえを楽しむ方が上手な利用法だといえるでしょう。

ビタミンCを多く含んでいる場所は、外側の葉に一番多く、次いでしんとなっています。 外側の葉もしんも捨てずに食べたいものです。



           ビタミンC含有量の割合  


 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved