キャベツは胃腸障害に有効といわれる「ビタミンU」が含まれていることが大きな特徴です。

ビタミンUは「胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にするビタミン」とされており、ビタミンUまたは

キャベジンと呼ばれ、市販の胃腸薬にも使われています。

ビタミンUには、胃の粘膜を守り、潰瘍を抑える働きがあります。そのため、胃潰瘍や十二

指腸潰瘍に有効に働きます。また、脂肪肝を予防する働きや、肝臓の解毒作用を助けて

肝機能をバックアップする働きもあるといわれています。

加熱調理をすると減少するため、ビタミンUを多く摂りたいときには生で食べるのが良いと

されています。


 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved