腎臓病により高血圧やむくみがある時には塩分を控えます。
たとえ高血圧やむくみがなくても塩分の摂取量が多いと、腎臓に排泄の負担が過剰にかかることになります。塩分は一日7 g 以下におさえるのが理想です。


 
醤油はかけるより、つけて食べる。 レモンや酢の酸味、生姜やネギなどの薬味を手に取り入れましょう

醤油やソースはつけて食べるほうが
減塩できます

 
 
汁物は一日一杯以下にしましょう  加工品は控えましょう

味噌汁、清汁、スープは具をたくさん
入れて汁を少なくすると減塩できます

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved