さつまいもに含まれるビタミンCりんご10倍 !!
メラニン色素の生成 を抑え、シミ・シワを防止し肌にハリを与えます。
また熱に弱いといわれるビタミンCですが、さつまいもの場合、加熱 しても
壊れにくい性質を持っています。

その他、ビタミンCを多く含む食品 ・・・ブロッコリー・ネーブルオレンジ・ 柿 etc


食物繊維ヤラピン便秘解消効果アップ!

さつまいもといえば・・・ 食物繊維。便のかさを増やして腸壁を刺激し排便を促 します。

そしてもう1つ    ・・・ さつまいもを輪切 りにしたとき、皮の内側にしみだす白色の乳液ヤラピン。緩下作用(ゆっくりとした下痢的な働きをする)があり、皮ごと食べると食物繊維との相乗効果により、便秘予防に効果的。

体内の塩分バランスを整えてくれるカリウムを多く含みます。
ナトリウムを排泄 し、血圧低下に効果を発揮 。
カリウムは調理中の損失が多いため、ゆでる時は丸ごと調理するか、
切って 調理する場合はなるべくゆで汁まで活用するようにしましょう!!

その他、カリウムを多く含む食品 ・・・ 海藻類(昆布・若布・ひじき)・ さわら・バナナetc

アヤムラサキという品種のさつまいもに含まれるアントシアニン
動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因となる活性酸素の成分を
抑制 し、 血液をきれいにする作用があります。
また、 肝機能を向上させる効果があるとも。

寒さと乾燥は避けて・・・
寒さに弱いので、冷やさないことが保存のコツ!!
冷蔵庫に入れたり、冬に戸外に置きっぱなしにすると腐 ってしまう。
(さつまいもの最適温度は12℃前後 )
乾燥も嫌うのでポリ袋に入れるか新聞紙に包むとよいでしょう。

1.
適当な太さがあってかたく、身がしまっているもの。
   
触ってみて、やわらかいものは古い。

2.
色が均一で、つやがあり、肌がなめらかなもの。
   
皮の一部が黒く変色していると、その部分は苦味が強く、有害でもある。

3. 表面
ひげ根の多いものはすじっぽい。

☆食物繊維不足が続く日の朝食に

☆さつまいもベースのサラダです
☆さつまいもといえばコレ!!

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved