私はこの4月から働き始めた新人の管理栄養士です。
普段栄養士は事務所にこもりきりなイメージをお持ちの方が多いと思います。でも当院の管理栄養士は病棟に行く事が多く、大きな窓から差し込むやわらかな日差しもビタミンD形成に必要なのですが、しみ・そばかすの原因にもなるので、年頃の私にとっては気になるところです。ここで私が普段実践している美容対策を紹介したいと思います。

朝忙しくてもUVカットの下地とファンデーションだけは塗る
炎天下を短時間でも歩くときは日傘をさす
なるべく日陰を歩く
しみの原因となる乾燥を防ぐために化粧水で肌にたっぷり水分補給&保湿を行う
睡眠を最低6時間はとる
時間があればジムに行ったり、駅まで歩いたり運動をする
なるべく朝に抗酸化作用のある栄養素を摂るなどです。

抗酸化作用とは、有害な過酸化脂質の生成を防ぎ細胞の老化を防ぐ作用です。これを含む栄養素にはビタミンC・ビタミンE・β‐カロテン・ビタミンB2などがあり、メラニン色素を排泄し、しみ・そばかすの色を薄くしてくれる効果もあります。

<これらを多く含む食材>

ビタミンC・・柿、赤ピーマン、オレンジ、ブロッコリー、キウイフルーツ、じゃがいも
ビタミンE・・かぼちゃ、キングサーモン、ウナギ、アーモンド、子持ちガレイ
β‐カロテン・・レバー、ウナギ、銀ダラ、モロヘイヤ、かぼちゃ、にんじん
ビタミンB2・・レバー、ウナギ、カレイ、牛乳、納豆


●ではこれらの食材を使った簡単でおいしいレシピをご紹介しましょう!!

 
 


 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved