以下のポイントを意識した生活習慣を送る事で骨を強くし、丈夫な骨での健康生活が保てます。【寝たきりゼロの健康寿命】を延ばす為に、丈夫な骨であなたの健康を根本から支えましょう!
      ・1日3食!欠かさずにとる
      ・外食は単品を避け、定食メニューを選びましょう
      ・お惣菜の有効利用

      ・運動と日光浴で骨量アップ
      ・年代別のポイント

      

●1日3食!欠かさずにとる

必要な栄養素の補給と代謝バランスを保つために、ストレスの多い現代人には、1日3食が必要です。
朝食抜きや欠食は栄養の偏り、カルシウム等のミネラルやビタミン不足に陥り易くなります。

●外食は単品を避け、定食メニューを選びましょう
一般に食品数が少ない食事は栄養素も偏ります。定食メニュー等、使用食品の多い食事を選びましょう。単品メニューには野菜の入った小鉢を補えると、栄養バランスも改善します。
● お惣菜の有効利用
最近手頃なお惣菜が種類豊富に購入できます。京都おばん菜の定番、切干大根やひじきの煮付け、五目豆や白和えを選ぶと、カルシウムも豊富です。お昼ごはんに一品プラスしてみては如何ですか?デザートを食べるなら、ヨーグルトやチーズケーキ等乳製品でカルシウムもアップです。


●運動と日光浴で骨量アップ

骨に運動負荷がかかると、カルシウムが沈着して骨の形成が促進され、日光浴で吸収を助けるビタミンDも皮膚合成されます。トレーニングジムに通うより、通勤・通学・日常生活の中で、毎日習慣づけた30分程度の早足での歩行がおすすめです。

●年代別のポイント
十分な栄養と運動は各年代共通です。
成長期〜思春期は睡眠により成長ホルモンが分泌する為寝不足厳禁! 
青年期は無理なダイエット禁止!
妊娠・授乳期には意識的にカルシウムをプラス!
熟年期は「年だから」を禁句に、気軽に身軽に外出しよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●骨粗鬆症を知りましょう
   

 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved