鉄欠乏性貧血 
ヘモグロビンの合成に不可欠な鉄が不足し、ヘモグロビンの合成が十分に行われないため起こる。


再生不良性貧血  
脊髄の障害により骨髄の赤血球生成機能が低下して生じる。


巨赤芽球性貧血
ビタミンB12の不足で起こる。


溶血性貧血
赤血球が異常に早く破壊され起こる。


続発性貧血 
いろいろな疾患を原因として起こる。
悪性腫瘍・リウマチ性疾患・寄生虫疾患・心臓病・肺疾患肝臓病・腎疾患などが原因。


 

 Copyright 2004-2006 KINSHUKAI Group All Rights Reserved